関連ページ  : 用語集 | 俗語集


ウマ娘 プリティダービーのプレイヤーが使用している言葉(俗語)の解説をするページです。
公式用語の解説は、用語集をご覧ください。

左のサイト内検索、並びにCtrl+Fでのページ内検索を活用してください。

あ行 Edit

青因子各殿堂入りウマ娘がそれぞれ持つ、継承で各種基礎能力を上昇させるための因子。
フレンド募集等での代表ウマ娘紹介の際は継承元の青因子を合計して「スピード3、スタミナ6」と言った感じで表記するのが一般的。
青木瑠璃子エアグルーヴ役であり、タウラス杯プラチナを取って世間にイキったガチの人。ぱかライブでガチ育成の愛馬を持ち込み蹂躙したことは記憶に新しい。
某S先輩との事務所内のフレンド対戦はぜひ実況して欲しい。
青汁Make a new trackシナリオのアイテム「ロイヤルビタージュース」のこと。アイコンの見た目がモロに青汁。
オグリ世代にTVで流れていた某CMの「不味い!もう一杯!!」のイメージが強いのだろうけど近年の青汁は飲みやすくなっているのになぁ。
赤因子各殿堂入りウマ娘がそれぞれ持つ、継承でバ場・距離・脚質適性を上昇させるための因子。チャンピオンズミーティング等で適性Sを作ったり、魔改造を狙う際に重視される。
赤ちゃんスーパークリークでちゅね遊びを受けた者の成れの果て。主にクリークのトレーナーとタマモクロスがこうなる。更に保健室イベントでは夢とはいえオグリキャップイナリワンも赤ちゃんにされていた。
秋天天皇賞(秋)のこと。
アクノロブロイ遠い昔、あるウマ娘から分離したと言われるウマ娘、もう片方のゼンノロブロイと融合することでパワーアップし、シンノロブロイになると言われている。
生息地は未だに不明であるが、最近になってカサマツで目撃した、という証言が多数あがっている。 もしかして:ミニーザレディ
あげません!アニメ2期のスペシャルウィークが、テイオーの想像内で発言したセリフ。マックイーン「ええええ〜っ!?ヨヨヨ…」
アプリ版では一般的に、サポカのスペちゃんに対する全身全霊のように、SSRサポートカードのイベントなどでレアスキルや欲しいスキルをくれないことを指す。
チケゾー「か"わ"い"そ"う"!あ"け"る"よ"ぉ"ぉ"〜〜!!」
なお、サポートイベントでレアスキルが得られる確率は、そのサポートタイプのステータスが高いほど上がることが、ぱかライブTVで公式に表明された。あくまで確率だが
狭義では「確率でレアスキルを入手できるイベで入手失敗」を指すが、一般的には「下振れしてレアスキルを入手できるイベント自体が発生しなかった」場合も含まれる。クリーク&ライスェ…
なお1stアニバーサリーのアップデートの際、テイオーの育成イベントにて本当にスペが「あげません!」と言うイベントが追加された。
あと2020年5月産まれの競走馬「アゲマセン」がいる。血統はスペちゃん関係ないけど
朝日杯FS朝日杯フューチュリティステークスのこと。
芦毛の怪物凄まじい実力をもつ芦毛の競走馬に与えられる異名。主にオグリキャップがこう呼ばれている。…のだが二次創作界隈では某怪獣王っぽい着ぐるみを着たSD体型のオグリがこう呼ばれる。
アドベ
アヤベさん
アドマイヤベガのこと。現実の競馬だとアドベが多いが、ウマ娘だと主にアヤベさんと呼ばれている。
あなたとサトノダイヤモンドとの三年間が始まります!サトノダイヤモンドが強制的にトレーナー契約を結ぼうとする概念。
ダイヤちゃんの育成シナリオ等での様子から拡大解釈された結果、トレーナーと見定めた人物との縁を作ろうとしたり、因果をねじ曲げてまでトレーナー契約した世界線を紡いだり、トレーナーをサトノ家に引き込んだりするようになる。
ダイヤ「今、私と目が合いましたね?これであなたと縁ができました!」
アナボリガチャチャンピオンズミーティングでの戦略の一つ。[ストレート・ライン]メジロライアン若しくは、彼女の固有スキルレッツ・アナボリック!を取得した差し・追込脚質ウマ娘を採用すること。
発動条件が厳しいため安定はしないものの、決まれば大物喰いも容易いロマン砲といった評価が一般的。サブエースとして採用される他にも、自チームをアナボリ持ちで固め多段ロケットといった用法も。
アンカツ現在は競馬評論家として活躍する、笠松競馬場出身の元騎手安藤勝己氏のこと。シンデレラグレイの北原トレーナーの元ネタとも。
笠松競馬場時代は中央移籍前のオグリキャップの鞍上を担当、後に中央競馬に移籍し現役晩年はダイワスカーレットスペシャルウィークの娘ブエナビスタ等を担当した。
2022年3月の名古屋競馬場の移設記念イベントでオグリ役高柳さんと共にイベントに登壇したのを皮切りに、ウマ娘関連イベント・媒体への出演を行っていただいている。
アンスキ[あおぐもサミング]セイウンスカイの固有スキル、「アングリング×スキーミング」の略称。「アングリ」と略されることもある。アプリウマ娘の仕様上超強い。特にマイル。バランス調整しろよ
なお、肝心の長距離ではコーナーから終盤が始まらないコースが多いこともあってそこまで強くはない。肝心の菊花賞でトップメタになれないってどういうことなの…
育成ウマ娘ガチャ推しの星1星2ウマ娘に勝負服をプレゼントする為に回すもの。まさにお布施。
イクディスイクノディクタスのこと。アニメ2期では他にも「イクノ」「イクタス」「ディクタス」などのあだ名も考案されたが、イマイチ呼称が安定しなかった。
ジュエルのこと。ガチャを回すのに必要となる。他のスマホゲーなどから一般的にこう呼ばれる。ご利用は計画的に。
一般通過シナリオに一切関係のないウマ娘が目標レースで一着をかっさらい、育成を終わらせにかかること。およびその様態。
???「どけどけぇ〜!!ゴールドシップ様のお通りだぁ〜!!!!」
イベスぺ第一回イベントの報酬である[夕焼けはあこがれの色]スペシャルウィークのこと。当時はルーレットに天井保証が無かった為、完凸できないトレーナーが続出した。
イベ○○○○にはウマ娘の名前が入る。メインストーリー等で入手出来るものと合わせて「配布○○」とも。ストーリーイベントの報酬として入手出来るタイプのサポートカード。
卑しか女杯なんだかトレーナーとの距離が(物理的にも心理的にも)近いウマ娘によって争われるG1レース。数多くの迷勝負、迷実況がここで誕生した。ヒト娘も出走することがある。
実家がスナックのウマ娘を筆頭にこのゲーム、フケになってるウマ娘が多くない?
ウィニングライブキタサンブラック(リアル)が勝利した時に見ることが出来る。 ハァァ〜〜〜ンッ!!
ウオダスウオッカダイワスカーレットのコンビのこと。ウオスカとも呼ばれるが、双方の声優はウオダスと呼んでいる様子。
実在馬としては同年のライバル牝馬同士で、08年秋天の大接戦ドゴーンハナ差2cm(1着ウオッカ、2着ダイワスカーレット)は特に名勝負と名高い。
5度の直接対決ではダイワスカーレットが3勝2敗と勝ち越している。
片や脚部不安に悩まされキャリアは12戦ながらも8勝・2着4回の連対率100%とG1勝利数4冠を誇り、牝馬二冠と37年振り牝馬の有馬記念優勝を成し遂げたダイワスカーレット、
片や64年振り牝馬のダービー優勝を成した後の低迷期を乗り越え府中の芝G1を全制覇し、通算26戦10勝うちG1勝利数7冠を挙げたウオッカと、
対照的ながら双方勝るとも劣らない輝かしい戦績を持ち、「強い牝馬」の時代を深く印象付けた。
ウソでしょ……サイレンススズカに定着した口癖。何かと巻き込まれがちな彼女がしばしば呟く(逃げ切りシスターズの会議等)。強く拒否しないが自分のペースも守りたい彼女らしい言葉選び。
ネット上では相槌や軽いツッコミ感覚で使われることもある。ちなみに、「ウソデショ」という名前の競走馬は実在した。
打ち切りサポートカードの連続イベントがそれ以上進行しなくなること。一部の選択肢やステータスによる成否判定で発生する。
最後まで進行しないと金スキルのヒントが貰えないなどデメリットがあるので基本的には避けるべきだが、
敢えて早い段階で打ち切りにすることで他のサポカの連続イベントを発生させやすくする効果が期待できる面もある。
「打ち切ることで体力+30回復」というメリットのあるものや、イベント以外のサポート効果が優秀なものなら打ち切り前提での採用もアリ。
誤タップで本命サポカの連続イベを打ち切ってしまったら自分の不注意を呪おう。
ウマソルジャー『うまよん』に登場する戦隊チーム。レッドペガサスピンクバクシンオーピンクウララグリーンスズカブルースカイの五人がヒシアマ長官指揮のもと、怪人たちと戦う。
馬なり1.レースやトレーニングで特に指示を出さずに”その馬なりの”走りに任せること。余力が残った状態でもある。「持ったまま」と呼ばれる事も。
2.89年末から連載され今も続いている漫画、「馬なり1ハロン劇場」のこと。ウマ娘と同様に実際の競走馬を擬人化させた漫画であり、ウマ娘でおなじみの競走馬も多数登場する。
 作者の解釈の違いや女体化されていないことによる違いはもちろん、その当時での印象を元に描かれていることによるキャラクター性の違いも楽しめる。
 作者のよしだみほ氏はアニメ2期放映の際に、エンドカードを寄稿している。(外部リンク)
うまぴょい1.『うまぴょい伝説』のこと。
2.URAファイナルを優勝すること。うまぴょい伝説がURAファイナル優勝で聴けるようになるため。
3.うまぴょい伝説を踊ること。

4.時折ガイドラインに抵触しかねない事に対する隠語として使われることも。???「こいつらうまぴょいしたんだ!」
ウマ娘のおじさんレジェンドジョッキーである武豊騎手のこと。 →武豊
2021年10月にNHKの音楽番組「シブヤノオト and moreFES」に出演された際の証言が由来で、アニメ1期での出演を見た家族連れに「ウマ娘のおじさんだ」と呼ばれたことを語っている。
ウマ娘馬券現実の勝ち馬投票券を購入する際、血統などウマ娘に縁のある馬を(主に応援の意味で)選んで購入すること。
一例として、21年秋のスプリンターズステークス勝ち馬であるピクシーナイトはグラスワンダーキングヘイローサクラバクシンオーの血統が含まれている(更に主戦騎手はキングヘイローに最も縁のある福永祐一)。
また同21年夏のJDDでは母父マヤノトップガンのキャッスルトップが13頭中12番人気を覆す1着。令和初となるG1級レース単勝万馬券となった。
他にもCygames親会社の代表藤田晋氏はウマ娘をきっかけに馬主活動を始めており、同氏所有馬の馬券も広義のウマ娘馬券といえる。主な所有馬にニュージーランドT勝ち馬ジャングロがいる。
うまよんCygames公式のウマ娘アニメ&4コマ漫画。デフォルメ頭身のウマ娘たちが繰り広げる賑やか・わちゃわちゃな日常が描かれている。
4コマ掲載ブックレット&プロダクトコード同梱のBlu-ray BOX好評発売中(宣伝)
URAシナリオ因子のこと。詳細はURA○を参照。
ウラライスハルウララライスシャワーのコンビのこと。二次創作界隈で数多のデジたんを尊死させている。
上振れ運の良い事が立て続けに起こるなどして、平均値を大きく上回る成果を得ること。
このゲームだと序盤に愛嬌○が付く、切れ者が付く、安心沢の秘孔が成功する、中盤以降で理事長から金スキルを貰う、多人数の友情トレが何度も起こる、などが複数起こると上振れだと言える。
逆に運の悪い事が立て続けに起こった時は「下振れ」と言われる。
ウンスセイウンスカイのこと。セイウンは冠名、スカイ名も多く混同しやすい。作中だと主にセイちゃん、スカイさんと呼ばれる。
えい、えい、むん!マチカネタンホイザが使う独特の掛け声。ストーリーイベント「Brand-new Friend」のミッション画面での発言が初出。かわいい。「むん、ですか?」ディレクターさん「むんです」
そのかわいさは、イベントが終了したことで「えい、えい、むん!」が聞けなくなったトレーナーが禁断症状を起こすほど。だからって次のイベントミッション担当にまで言わせようとするんじゃない。
ハーフアニバーサリー時にサークルスタンプへのボイス追加、1周年での育成実装によりえいえいむん不足は解消されつつある。
永世三強タマモクロスの育成イベントなどで取り上げられる言葉で、オグリキャップスーパークリークイナリワンの3人を指す。タマのシナリオ後半では三者との直接対決も可能。
現実では平成三強と呼ばれ、タマ引退の翌年(平成元年)にG1戦線の中心として活躍した。その年のジャパンカップ有馬記念では三頭の直接対決も行われている。
エリ女エリザベス女王杯のこと。
エや下アグルーヴの る気が がった。」の略。今日もネットのどこかでダジャレが飛び交うたびにやる気が下がっているが、シナリオでは会長のダジャレに気づけなかったことがやる気の下がる理由なため注意されたし。
NHKの音楽番組「シブヤノオト」出演の際、会長のダジャレに肩を落とすエアグルーヴが見れた模様。
エルエル
エルコン
エルコンドルパサーのこと。
「エルエル」は「エル」とともにしばしば彼女自身が一人称として使用する。
お祈り育成の上振れやガチャの当たり等、良い事が起きるのを願う行為。ささやき──いのり──えいしょう──*おおっと*
ハルウララの有馬記念チャレンジに必須。赤因子継承させてください三女神様。
大井の直線アグネスデジタル「──大井レース場のダートコースは、他よりも比較的直線が長い。豪快な差しや追い込みがハマりやすいコースだ」
トレーナー「どうした急に」
ウマ娘で唯一実装(2022年6月現在)の地方レース場である大井レース場(外回り)の直線は386m。
中央と比べると標準的だが他の地方競馬場(船橋300m、笠松238m、浦和200m、名古屋194m)と比較すると最長。
ゲーム内でも最終直線に差し掛かった時に「地方レース場トップクラスの長さを誇る、大井の直線に差し掛かります!」と実況が流れる。
ナイター開催のJDD帝王賞の場合は「明るく照らされた、南関東随一の直線に差し掛かります!」となる他、向こう正面に差し掛かるタイミングでの実況の種類が豊富。
大ケヤキ東京競馬場の第3〜第4コーナー辺りに立つ大きな木のこと。ウマ娘でも東京レース場の「大ケヤキを通って4コーナーへ」の実況でおなじみ。
実際に立っているのは欅(ケヤキ)ではなく榎(エノキ)。複数の木が群生しており、以前は最も大きいのがケヤキの木であった。落雷により焼失した後はエノキが最も大きな木となっている。
オールボディオールゴースト全身全霊のこと。グラスワンダー役である前田玲奈さんの、ぱかライブTVでのスキル名英訳クイズでの回答から。
チェンジアンドチェンジ(臨機応変)マルチビタミン(栄養補給)
沖野トレーナー
沖トレ
沖野晃司氏演じる、アニメのチームスピカ担当トレーナーの俗称。正式な役名は「トレーナー」だが、声優名がそのままキャラクター個人を指す名詞として定着している。アイマスとかでよくあるやつ
オグリ
オグリン
オグリキャップのこと。略称としては珍しく冠名がそのまま略称になっている。
オグリローマン「私だって中央GI勝ってるのに、お兄ちゃんばっかりズルい…」
桶狭間ポイント中京競馬場は第3〜4コーナーにかけて下り坂になっており勝負所・仕掛けどころ。ウマ娘でも中京レース場にて「ここは第3コーナー、桶狭間ポイント!」の実況が聞ける。由来は中京競馬場が桶狭間合戦の有った地に存在しているからか。
ちなみに最寄り駅である中京競馬場前駅から徒歩約3分で、諸説ある今川本陣の中で唯一国指定史跡となった「桶狭間古戦場伝説地」に訪れる事が出来る。実は競馬場から見て第3〜4コーナー方面ではなく第1〜2コーナー方面にあるのは内緒。
お嬢キングヘイローのこと。ファンからだけでなく、声優陣からもそう呼ばれている。なお本人は「キング」という一人称をよく使う。
おしるこ!!メジロドーベルシナリオの初詣イベントで確認することのできる、とあるメジロのお嬢様の発言。かわいい。
お友だちマンハッタンカフェだけが見える、彼女の傍に存在するらしい何か。もしかして:サンデーサイレンス
お兄さま
お姉さま
ライスシャワーのトレーナーのこと。「様」はひらがなが正しい。ライス本人は、レース前の取材などの公の場?では「トレーナーさん」と呼んでいるようだ。取材の際に「お…」と言いかけている事もあるが。
お兄ちゃん
お姉ちゃん
カレンチャンのトレーナーのこと。お兄ちゃんは修行僧、お姉ちゃんは自堕落極めてる
おはガチャ1日1回まわせるガチャのこと。「おはよう(の挨拶代わりの)ガチャ」の略。このゲームでは有償ジュエルを50個消費して、育成ウマ娘とサポートカードのガチャができる。
また、時々ではあるが1日1回無料でガチャが引けるキャンペーンを行うこともある。
温泉地中から吹き出した湯を入浴施設としたもの、競走馬のリハビリ・療養にも使われる。
また、ウマ娘においては育成ストーリー中に条件を達成した場合に見ることができる、ウマ娘との温泉旅行および入浴シーンの事を指す。

か行 Edit

会長シンボリルドルフのこと。ウマ娘ではトレセン学園の生徒会長を務めているため。
史実ではルドルフの産駒であるトウカイテイオーは「カイチョー」とカタカナ呼びする。かわいい。
課金リアルマネーでゲーム内アイテムを購入すること。ウマ娘ではガチャ等に必要な有償ジュエルが該当する。広義では書籍や円盤など関連グッズの購入も含まれる。
ウマ娘の売り上げの一部は引退馬支援に寄付される。本気で支援したいなら課金するより直接寄付したほうがいいというのは禁句。
描けば出る長らく信じられてきた「ガチャの対象のイラストをUPすれば出るようになる」という願掛けのような迷信。残念ながらシングレの作者がこの説を己の犠牲で否定してのけた。
オークスのこと。オークスが樫の木を意味するため。
賢さG賢さステータスの最低評価…ではなく賢さステータスが非常に足りない子のこと。もっぱらサクラバクシンオーのことを指す。一説には賢さSS+バクシンオー=賢さG会長だとか…
時折4月に三女神像の前で宇宙猫化するミホノブルボンも該当してる。
加速ガチャ主に差しや追込などの後方脚質において、豪脚乗り換え上手レッツ・アナボリック!紅焔ギア/LP1211-Mなどの発動タイミングが安定しない加速スキルが終盤早めに発動することをお祈りする戦法。
先行ウマ娘における真っ向勝負、ダートにおける狙うは最前列!なども該当する事もある。
学級委員長バクシン教教祖ことサクラバクシンオーが、強い拘りを見せる自らの肩書。委員長とも。
この肩書の元、周囲のお悩み相談をしている様だが、賢さステータスが不足気味なため基本的に空回り…というか明後日の方向へぶっ飛びがち。
完走サポートカードの連続イベントが最終段階まで進行すること。SSRなら金スキルのヒントをあげません!されなければ貰えるため重要。
あまり欲張ってデッキにSSRを入れすぎるとイベント発生の食い合いになり完走しづらくなる。要注意。野良イベントに食われて完走できなかった?それは泣いていい
友人枠の場合はお出かけ解禁したのちに規定回数一緒にお出かけすることが条件。URAファイナルズ終了後のイベントにも影響する。
貴様”貴(たっとい)“”様(目上への敬称)“という文字からわかるように、本来は同輩以下の相手を気安く、かつ敬って呼びかける際の言葉だったのが、いつしか相手を罵る際の呼びかけへと変化してしまった。
ウマ娘ではエアグルーヴがトレーナーへの呼びかけに、本来の意味で使う。転じて、エアグルーヴ専属トレーナーを指す。 →たわけ
また、ファインモーション殿下がトレーニングでわがままを言う際に、トレーナーに冗談めかして呼びかける。かわいい
キタサトキタサンブラックサトノダイヤモンドのコンビのこと。
アニメではよく二人で居たり、ゲームではサポカが同時に実装されたりと、しばしばニコイチで扱われる。
なお実在馬としてはキタサンブラックの方が一年先輩にあたる。
くれぐれもキタちゃんの中の人繋がりで「ヒトリダケナンテエラベナイヨー!!!*1」状態にならないように。サトイモ「ワタシダケヲエランデヨー!!!」
逆噴射1.現実の競馬では、ツインターボのように序盤からハイペースで飛ばした馬が終盤になって急激にペースを落とす事を言う。他の馬との相対距離で見た時にみるみる後方に下がっていく事からこう呼ばれる。
2.ゲーム内では、主に先行以下のウマ娘がポジションキープ区間中に前に出すぎると突然大きくペースダウンし後方に下がっていく現象を指す。
ポジションキープに関する仕様として、レース中の特定の区間までは脚質ごとに先頭のウマ娘から一定の範囲の距離を保つように、前すぎれば後ろに下がり、後ろすぎればペースを上げて走るというものがある。
この「前過ぎると後ろに下がる」際の速度のマイナスが大きすぎる事が原因。
ギャルエアグルーヴのこと、由来は当時の調教助手が呼んでいたあだ名と、97年の天皇賞(秋)に挑む際に出走を渋ったオーナに対し、調教助手が「ギャルを信じてやってください」と発言したため。
あと発言と性格のわりに髪型とかアイシャドウとかツリ目とかでギャル化が似合いそうな見た目という理由も。
金スキルレアスキルのこと。金色の特殊能力の略で「金特」とも。
キン肉マンの技メジロマックイーンがアニメでトレーナーをシバき倒すのに何故か出して来る、超有名プロレス漫画・アニメに登場する技。
パロスペシャル(ウォーズマン)、スピニング・トーホールド(テリーマン)、ロメロスペシャル(ラーメンマン)、ゴルシと組んでのクロスボンバー(ヘル・ミッショネルズ*2)、タワーブリッジ(ロビンマスク)
…と現実の人間に掛けるとエグいものばかりで、自室に「キン肉マン」の本またはDVDを所持しているという疑惑も。
そのせいか、寮で同室のイクノディクタスツインターボを担ぎ上げる際の構えもキン肉バスターである。
偶然予期できないような物事が起こること。ウマ娘関連のお知らせが出るとすぐ後にnetkeiba公式Twitterアカウントが関係のある競走馬の紹介ツイートをするのも、ハッピーミークなどのオリジナルウマ娘と同じ名前の競走馬が登録されたのも全て偶然である。偶然ってすごいなー。
1.覚醒LVアップに必要な各種シューズのこと。サークルポイントの為に、サークル内では日々靴の投げ合いが行われている。
2.レジェンドレースのトロフィーのこと。トロフィーはいずれも各ウマ娘の履いているブーツを模している。倒したレジェンドウマ娘からブーツを奪っているわけではない。……たぶん。
クラマ育成シナリオ、Make a new track!!〜クライマックス開幕〜の略称。
クリオグリクリスマスオグリこと、[キセキの白星]オグリキャップのこと。固有スキルの安定性・爆発力ともに高く、発動条件もレース場に比較的依存しないという強みを持つ。
チャンミでは先行枠として非常に評価が高く、極まったトレーナーが水マルチョコボンとチームを組む姿もよく見られる。
グリーンベルト突然出来た内側の走りやすい芝コースのこと。
競馬場においては、芝コースが荒れすぎるのを防ぐために仮柵を内側に設置し、芝が回復した後に仮柵を外す。その際に回復した走りやすい芝コースが出来上がる。
スペシャルウィーク皐月賞で負けた原因とも言われている。(食べすぎて太ったせいではない、トレーナーさんも言ってたし、たぶん。)
京王杯SC京王杯スプリングカップ?のこと。
継承固有因子継承によって他のウマ娘から継承された固有スキル。
本人が使用する場合に比べて効果は数段落ちる上に必要なスキルPtも割高だが、発動タイミングが固定である点や効果量が少し高い点など通常のスキルにはない利点がいくつかあるために使われることが多い。
決済停止のバクシンオー元ネタはネットニュース記事のタイトル「SSRキタサン入手に挑んだ『ウマ娘』声優たちの悲喜!単発入手のスズカ、二枚抜きのフジキセキ、決済停止のバクシンオー
SSRキタサンブラックピックアップガチャの際、中の人による身を張ったネタ。「致命傷で済んだ」とのこと。別に声優は芸人ではないはずだが……。誰が呼んだか錯乱爆死王。孫の為に身を削る祖父とも身内にすら容赦ないサイゲとも言われる。ご利用は計画的に。
なお、後日追加された育成ガチャでも無事天井。この孫、実に祖父に冷たい。
原作現実の競馬史のこと。類語:史実・元ネタ
健啖家「けんたんか」と読む。好き嫌いせず食欲旺盛で何でもよく食べる人のこと。
代表的なウマ娘はオグリキャップスペシャルウィーク(どちらも史実馬が食欲旺盛だった)。
幸運な先行レースにおいて逃げが1人も居ない際に、スタート直後に1番前に出ていた先行ウマ娘が逃げのようなポジションを取ること、およびそのウマ娘を指す。
ポジションキープの仕様上発生する不具合に近いもので、速度は先行のまま逃げのようなポジションで走るため他のウマ娘よりもかなり有利にレースを運べる。
ただし、1番手だと発動しないスキルが発動出来ない、(自分チーム含む)後方のウマ娘が逆噴射を起こしやすくレースが乱れやすいなどのデメリットも存在する。
しかし幸運な先行は相当な勝ちやすさを誇るためメリットの方が大きいと言える。
この現象が主に発生するのは長距離のチャンピオンズミーティングで、仕様上勝ちづらい事から逃げウマの出走が敬遠された結果逃げ不在のレースとなり発生する事が多い。
呼び方は人にもよるが、このWiki外で検証等をしているトレーナー間ではこう呼ばれることが多い。
ゴール・D・ロジャーハルウララのストーリー最終目標であるシニア級有馬記念で1着を取ったトレーナーの通称。
ハルウララが1着になると通常(敗北)とは異なるストーリーが存在するそうだが、動画はおろか内容を絶対に公開してはならないという暗黙のルールがあり、達成したトレーナーはただ「実在する」とだけ答えている。
2021.05.27のアップデートで育成イベントギャラリーが追加され実在が確認された。なお更なるお宝も発見された。クラシック級有馬記念に出走及び勝利とか誰が気づくんだよ…
故障今まで一度もウマ娘にケガさせたり無理なレース出場を強いたことが無い者だけが彼らを責めなさい
コメくいてー『うまぴょい伝説』の1フレーズ。本編で一貫してシリアスを貫いたウマ娘であっても、続く(でもやせたーい)の部分でゆる顔を見せてくれる。
ゴルシお?このゴールドシップ様を呼んだか?
まれに「気性が荒い方のゴルシ」ことゴールドシチーの略称にもなる。どっちだよ
元祖ゴルシはゴールドシチーの方だが、そっちはウマ娘では「シチーさん」呼びが一般的。
ウマ娘でモデルの仕事で多忙なため寝坊・遅刻を繰り返すゴールドシチーを指して「起床が悪い方のゴルシ」と呼ぶことも。史実馬も朝起きてこなかった逸話がある。
ゴルマクゴールドシップメジロマックイーンのコンビのこと。アプリ版では概ねボケとツッコミの関係。休日は二人で映画やカラオケに行く程度には仲がいいようだ。史実では孫と母父。

さ行 Edit

サイゲの緑駿川たづなのこと。何故かCygamesのガチャ担当は緑色の服を着ている。ガチャの確率のせいで鬼や悪魔扱いされることも。
なおJRAのイメージカラー、競馬場スタッフ制服の色が共に緑色であることから、少なくともウマ娘に関しては偶然であると思われる。元ネタとされる馬の勝負服の色とも言われる。
雑草ウイニングライブ等で聴ける楽曲「winning the soul」のこと。サビ歌い終わりの空耳から。
サトイモサトノダイヤモンドのこと。競馬ファンからは主にこう呼ばれていた。
実馬・ウマ娘共に字面から蔑称と受け止められることもあるので要注意。
作中では基本「ダイヤちゃん」と呼ばれる。
サトノ家サトノダイヤモンドの実家であり、リゾートやアミューズメントなど多くの業務を行っている一大コンツェルン。俗語としては史実における馬主が会長を務めていたセガサミーホールディングスの事を指す事が多い。馬主は旧サミー出身だが、ジュークボックスやクレーンゲーム等ネタになるのはだいたいセガ関連
サトノリトルバードサトノダイヤモンドの外見が『ラブライブ!』のキャラクター「南ことり」に似ている事から付けられた外の人ネタ。
同一人物」という疑惑も。
サポートガチャ課金してSPを買う行為。全部蹄鉄が普通。サイゲの闇。まじやむ。
サポカサポートカードの略。
三強実際の競馬では一緒に出走して競いあう3頭をライバルにし、「三強」と扱って盛り上げる事が多い。
平成」「BNW」「98年クラシック世代」のように全員がウマ娘化された物も有れば、三強のうち一頭だけウマ娘化されていない事もある。
三種の神器育成ウマ娘に取得させたいスキルを指す。中身はウマ娘の所持する固有スキルや作戦によって入れ替わる。
三段クルーンサポートカードで3段階に分けて発生する連続イベントのうち、3段階全てに合否判定があるイベントのこと。由来は漫画「カイジ」シリーズに登場する、パチンコ台に搭載された同名のギミック。
2022年1月時点では[ターボエンジン全開宣言!]ツインターボ[袖振り合えば福となる♪]マチカネフクキタルが当てはまる。
地固めガチャ逃げ馬に地固めスキルが付くまで育成を繰り返す行為。チャンピオンズミーティングのセイウンスカイ対策として地固め持ちの逃げウマを採用する蓋戦術が開発されたが、
「地固め」+「発動条件を満たすための緑スキル複数」の獲得を満たすのは相応に困難なため、ガチャと揶揄されている。
湿度一部のウマ娘が醸し出す、少しねっとりとした空気感のこと。「湿度が高い」、「しっとりしてきた」という言い回しでの使用例が多い。
もしかして:卑しか女杯
一般的にはウマ娘たちが走るコースのことだが、「○○で芝」といったようにネット用語の「草」の用法で用いられることもある。
芝のサイレンススズカ芝適性を魔改造されたスマートファルコンのこと。異名の「砂のサイレンススズカ」から。それはもうただのサイレンススズカだろとは言ってはいけない。
しゃい☆スマートファルコン鳴き声かけ声。
釈迦エアシャカールのこと。立川でバカンス中の聖人男性のことではない。もし彼がウマ娘を始めたらカンタカの湿度が上がりそう。
シャカファイエアシャカールファインモーションのカップリング。実馬ではほぼ関わりが無いのでウマ娘のオリジナルと思われる。ファインモーションの育成実装時に大量の供給が行われ、その界隈を焼き払った。
どちらかというとアクティブなのはファインモーションの方なのでファイシャカが正しいとの説もある。
終盤接続一般的には、中盤の終わり頃に速度スキルを発動する事で速度が上がった状態で終盤に入り、そのままスパートをかける戦法を指す。
スパートのかけ始めの速度が上がっている分最高速度に到達するのが早くなるだけでなく、最高速度に到達するまでも通常よりスキル分速度が上がった状態が維持されているため、普通に速度スキルを発動するよりもはるかに大きい効果が得られる。
実際にこの戦法が初めて広く認識されたのはスコーピオ杯における「貴顕の使命を果たすべく」だろう。
十六方にらみチャンピオンズミーティングで、八方にらみを持つナイスネイチャメジロドーベルを同時に編成すること。
二人がデバフスキルでのスタミナ削りを担当し、自チーム残りの一人に1着を取ってもらう作戦になる。 →デバフ
商店街ナイスネイチャのトレーナーのこと。どけ!俺は商店街だぞ!
触媒ガチャ等で特定のキャラクターを引き当てるため、そのキャラに関連するアイテムなどを事前に用意すること。
ウマ娘界隈でもほかのゲーム同様に関連グッズやイラストが触媒に用いられるほか、独特な所ではその元となる実馬が出走したレースやその産駒の馬券が用いられることもある。
ションボリルドルフ哺乳網食肉目イヌ科に属する動物、よくアライグマに間違えられたり、逆に猫型のロボットが間違えられたりする。
何らかの原因でやる気が下がってしまったシンボリルドルフのこと。エや下ちなみに定番のネタであるようで、アニメ1期放送時どころか原作当時ですらネタにされていた。
シロイアレノムスメ現実の2021年オークスの勝ち馬であり、「シロイアレ」ことゴールドシップ産駒初めてのG1馬となったユーバーレーベンのこと。
同じくオークス2着、後に秋華賞馬となったアカイトリノムスメの名前をもじってつけられた。(母はアパパネ。馬名由来はハワイに生息する赤い鳥から。アパパネノムスメなのでアカイトリノムスメ)
派生としてゴルシ産駒そのものを指したり(牡馬の際はシロイアレノムスコ)、彼女らに先んじて桜花賞を獲った白毛馬ソダシを父クロフネから「クロイフネノムスメ」と呼ぶ向きも。
白因子各殿堂入りウマ娘がそれぞれ持つ、継承で基礎能力上昇・スキルヒントを得られる因子。
育成中に習得したスキル、勝利した特定のレースの中からそれぞれ得られる。金スキルは下位の白スキルの因子になる。因子として残るかはランダム要素が非常に強く、10個以上の白因子を取得できることもあれば、1個ももらえないこともままある。特に、育成シナリオごとのレースシリーズを勝利完走した時に得られる、所謂シナリオ因子は特に能力上昇値が高く、継承時に発動すれば大きく能力を伸ばせるため重要視される。また、スキルヒントの因子が発動すれば、育成ウマ娘や編成しているサポートの所持していないスキルを習得できるため、変則的なビルドにすることも可能。ただし、因子ごとの発動率は低めである。
陣営馬主、調教師、厩務員、騎手など、その馬の育成、出走にかかわる関係者のことを競馬界ではまとめてこう呼ぶ(「直接関わる人」というニュアンスの場合、馬主は含めないことも)。
ウマ娘達の個性やストーリーには、しばしば陣営のそれも織り込まれている。一例として
「天皇賞・春を制することを使命とするメジロマックイーン(夫である先代馬主から「春天を勝て」と遺言を託された馬主の北野ミヤさん)」、
「トレーナーとの恋愛色が濃いナイスネイチャ(荒れ馬だったネイチャに恋人のように優しく接し気性を改善させた馬場秀樹厩務員)」、
「ダービーに並々ならぬ思い入れを持つウイニングチケット(長年の悲願であるダービー制覇をチケゾーで叶えた鞍上の柴田政人騎手)」など。
シングレオグリキャップが主役のコミカライズ『ウマ娘シンデレラグレイ』のこと。プリティーじゃない方。(プリティー要素は作者Twitterで補完してください)
人権ウマ娘では主にガチプレイヤーが全員使ってるようなずば抜けて強力な育成ウマ娘またはサポカを指す。
由来ははっきりしないが恐らくMMORPGでパーティ不向き職がハブられたことで人権が無いと揶揄され、転じて必須職は人権があると評されたことかと思われる。
深考ウインディウマ娘の謎や闇の部分について鋭い疑問を投げかける謎のウマ娘。
???「そうか…、ウマ娘とは…レースとは…宇宙とは…生命とは…進化とは…!」ドワォ
すごく1.あのっ、わたしっ…ナリタトップロードが何かを形容するときの言葉でっ…語彙がなくて、そのっ…すごく……すごいです……!
2.各種スキルの説明で、上昇量・回復量が高いことを表す副詞。上昇量に付けられる副詞は「すごく>(副詞なし)>少し>わずかに>ちょっと」の順となる。
すごく族
すごい族
各ウマ娘の固有スキル説明に「すごく」がついているウマ娘の総称。初期実装組ではオグリ会長★3にしたキングなどが当てはまる。
これらは単純に効果量が高い他にも、因子継承で他のウマ娘が取得した際も効果量が「少し」までしか落ちないというメリットがある。
ススズサイレンススズカのこと。父親のサイレンス+冠名のスズカなので、ウマ娘内の「スズカ」呼びだと弟のラスカルスズカなどと混同しやすい。
スズメスイープトウショウのランダムイベント「ワンダフル☆ミステイク!」で出現する鳥。このイベントが発生すると「愛嬌○」が獲得出来るため、スズメを求めてやまないプレイヤーは多い。
…絆ゲージを上げきったシニア級に出てきて嘆くプレイヤーもまた多いが。
ステイヤースタミナ豊富で、長距離レースの得意な馬のこと。ふつう2400メートル以上の距離に強い馬を呼ぶ。
現代ではレース間隔が短く開催の多い短中距離向けの馬の方が馬主の需要が高いため不遇の時代となっている。
その為長距離G1の実績だけではライスシャワーのようになかなか種牡馬になれないという悲しい事情があり、
結果として全体的に得意距離が短くなってマイルの方が実力馬が揃いやすくより一層長距離レースの人気が陰るという悪循環すら生じている。
ステマ配合父ステイゴールド、母父メジロマックイーンの配合のこと。この配合でゴールドシップ等の多くの名馬が誕生した。
メジロマックイーンの子供は体が大きくかつ虚弱であったため、体が小さくて気性がアレで丈夫なステイゴールドの血と混ぜるといい感じになるのでは、というのが理由。ゴルシ様は両方の良いところを薄めずに良い感じに引き継いでしまわれた。
なおステイゴールドの父サンデーサイレンスは息子以上に気性の荒さに定評がありメジロマックイーンにも威嚇行為をとったが、マックイーンが無視していたところ逆に気に入ったのか、それ以降は仲良くなったという奇妙な縁がある配合でもある。
砂のサイレンススズカスマートファルコンの史実での異名。スズカと同様に騎手武豊の手腕で覚醒し、ダートレースを逃げきりまくったことから。稀にダート適性を魔改造されたサイレンススズカを指すこともある。上記の芝の〜といい、もうわけわかんねえよ…
スピ○○サポートカード編成時、スピードと他カテゴリのカード2種類のみを入れる構成のこと。(友人カードを1枚指す場合なども広義ではこちらに含まれる)
編成するカードがスピードとスタミナの場合「スピスタ」、同様に「スピパワ」「スピ賢」と呼ばれる。スピ根はないらしい
ズブい元の意味はJRAサイト参照。要は反応が鈍く加速が悪いこと。短い距離ではスピードが乗り切らない為苦手としているが身体に負担が少ない為、長い距離でスタミナが持ちやすい。
ただチャンスに機敏に反応出来ない為、馬群に引っかかって沈むことも多い。ウマ娘元ネタの中ではメジロブライトなどが当てはまる。
スペ
スペちゃん
はい!スペシャルウィークです!はちみつパンはあげません!
スマファルスマートファルコンのこと。スマファル師匠、ファル子とも。
すり抜けガチャにおいてピックアップ対象ではないものが出ること。いや嬉しいんだけどね…
西高東低気圧配置ではない。西の栗東、東の美浦の成績格差を一言で表した無情の単語である。実装されているウマ娘についても当然栗東寮に所属している子が多い。
元は関西が遅れをとっていたが、栗東トレセンが坂路調教を美浦に先駆けて導入したことにより逆転したと言われている。
関東馬推しの競馬評論家であるベレー帽の紳士が嘆息するほどであったとか。
星座杯チャンピオンズミーティングのこと。タウラス杯(おうし座)、ジェミニ杯(ふたご座)…と、開催月の12星座がタイトルに採用されている。某闘士を思い起こす人も多いとかなんとか
世界レベルさんシーキングザパールのこと。史実ではタイキシャトルの1週前に、日本馬として初の海外GIを制覇する実績をあげている名牝なのだが、ウマ娘アプリでは育成ウマが未実装、独特な口調と感性、野良のサポートカードイベントで突然現れ、不思議な踊りを披露して去っていく等、現状では面白オバさんお姉さん扱いされていることが多い。
扇子説明ッ!秋川理事長が持っており、開く度に書かれている字が変わる。どんな技術?URAファイナルズ優勝時に理事長の絆がMAXだと貰えてステータス等が上がる。
一時期、ミッション画面に居る理事長の扇子が表示されないというお茶目な不具合があり、「本体扇子をなくした」と言われていたとか。
専用機特定の条件において活躍する競走馬のこと。特定の競馬場で好成績を残すと言われやすく、中山専用機や府中専用機のように呼ばれる。
競馬場によって特徴が違うために起こる現象で、それを再現したウマ娘においても、レース場・距離によってスキルの重要度がガラリと変わるため○○専用機を作ることが出来る。
条件が固定されているデイリーレースレジェンドレース、そしてチャンピオンズミーティングにおいては特に有効となる。
領域読みはゾーン("領域"にフリガナがつく)。『ウマ娘シンデレラグレイ』作中で各ウマ娘が発動する、ゲームでいう固有スキルのようなもの。
その時、ふと閃いた!『このアイディアは、○○とのトレーニングに活かせるかもしれない!』
サポートカードのイベントが発生した際に締めくくりとしてこの文章が出てくる。のだが、明らかにトレーニングと何の関係も無いような内容でも出てくるため、
「いやどうやったら活かせるんだよ」とツッコミが入ったり、何でもトレーニングに結びつける事がしばしばネタにされる。なぜ無関係なはずの育成ウマ娘のやる気が下がったりするのかは永遠の謎である

た行 Edit

待機シャトル(腕を組みながら)何かを待つ様子を表す。ホーム画面会話等でみられるタイキシャトルが仏頂面で腕を組むさまが受け、馬名をそのまま使ったダジャレの語感の良さから各所で定着した。
後にぱかライブTVで大坪由佳氏本人により再現された。
体重がマシマシに
ならないお守り
マチカネフクキタルのランダムイベント「食い倒れ! 七福神グルメめぐり」に登場する、彼女が所持していたとてもありがたいお守り。
上の選択肢を選ぶとマッ──とある名家のご令嬢さんに譲ってしまっていたため、スペちゃんと一緒に食い倒れは断念することになった。
大接戦ドゴーン2008年の天皇賞(秋)、歴史に名を刻む牝馬2頭、ダイワスカーレットウオッカによる歴史的な大激闘を物語る、アオシマバクシンオーことフジテレビ青嶋達也アナによる魂の叫び。
本当は「大接戦でゴール」もしくは「大接戦のゴール」と思われるが、そう言っているようにしか聞こえない。
ウマ娘でもゲーム内の特殊実況で流れる他、アプリ版CM「Rivals」編にて、茂木淳一によって再現された。
武豊アプリ版発表当初から公式プロモーターとして長年関わっていただいている、現実のレジェンドジョッキー。
アニメ1期では本人役としてゲスト出演。アプリ版リリース以降もウマ娘キャスト出演番組へのゲスト出演等を精力的に行っている。僕もまさかオグリキャップさんと喋れるなんて…
ウマ娘化した馬の中では騎手生活初のG1を獲ったスーパークリークをはじめサイレンススズカスペシャルウィーク等を担当。特殊な形ではハルウララにも騎乗している。
アプリ版実装当初の登場ウマ娘を基準にしても20頭以上に関わっており、あまりにも長期・多数の馬に騎乗しているため「武豊の名前は襲名制」などと冗談で言われることもある。
ちなみに1971年生まれの「タケユタカ」という名の競走馬がいる(武豊の生年は1969年)。競争成績3戦1勝(勝ち鞍:73年 3歳未勝利)で繁殖入り。牝馬万が一ウマ娘化したら滅茶苦茶ややこしいことに…
ダスカダイワスカーレットのこと。名前が冠名のダイワ+母親スカーレットブーケなため、どちらを取っても混同しやすい。作中では「スカーレット」と呼ばれる。
タダめし無銭飲食…ではなく[あこがれの景色]ライスシャワーのこと。「配布サポカ=タダ」の「めし=ライスシャワー」から。
立ち上がる1.後ろ脚で立つこと。これができる馬は腰が強く期待できる。
2.スタート時に興奮などの影響で立ち上がること。あるレースにてこれをした馬によって多くの人が悲しみに包まれた。
天皇賞(春)天皇賞(秋)のこと。ウマ娘内のトロフィーでも分かるように、優勝賞品として皇室から楯が授与されるため。
たぬき哺乳網食肉目イヌ科タヌキ属に分類されるずんぐりとした見た目の動物。……のような見た目をしたションボリとしたシンボリルドルフに似た何かと、そこから派生した様々な何か。
元々はシンボリルドルフの二次創作画像として投稿された物だったが、画像掲示板で好評になり拡散されながら様々なコラ画像や動画が作られ、その内に「たぬき」と呼ばれウマ娘とは区別されるようになっていった。(某STGの饅頭に近いかもしれない)
出自のためかウマ娘からは考えられないキャラ付けされたものや、もはやウマ娘とは全く関係ない物が作られていく一方、ウマ娘化されてない(かつウマ娘化が見込めなさそうな)競走馬のウマ娘を扱った物も見られる。
タヌキメイショウドトウの同居者。ヤギの王として君臨していた2019年ごろから同居開始、その後時期は不明だが同居を解消していたことが判明した。
タマ
タマちゃん
タマモクロスのこと。
たわけエアグルーヴのトレーナーのこと。???「うちのトレーナーマジたわけ♪」
チカラめしかつてブームになっていた焼き牛丼チェーン店……ではなく、サポートカードの[幸せは曲がり角の向こう]ライスシャワーのこと。“パワー”属性の”ライス”シャワーなため。
チケゾーウイニングチケットのあだ名。モデルになった実馬由来。
ちゃんこ鍋ヒシアケボノのトレーナーのこと。
チャンミチャンピオンズミーティングの略称。条件が固定され、各トレーナーの育成手腕の見せ所となっている。
貯金主に未実装の育成ウマ娘が実装された際に備えて、天井付近までジュエルを貯め込む行為を指す。…しかし、別の新規ウマ娘が追加された際に貯金を崩すトレーナーもいる。???「減っとるで…」
チョコボン[CODE:グラサージュ]ミホノブルボンのこと。チョコボ・バレボンとも。地固め等の逃げウマに求められているスキルを自前で習得できる強みから、一般的に強キャラとの評価が高い。
チームレースチーム競技場のこと。手塩にかけた愛バが奮闘する場所。勝敗に一喜一憂してリアル馬主さんの心情を感じられる。「チムレ」と略される。
沈黙の日曜日1998年11月1日、第118回天皇賞(秋)で発生したサイレンススズカ故障事故の俗称。
フジテレビ塩原恒夫アナがサイレンススズカの父サンデーサイレンスと、レースが開催された曜日をかけて発したもので、現在でも本レースを形容するフレーズとして定着している。
ウマ娘でもアニメ第1期7話「約束」にてこの事故が扱われたが、その際、このフレーズを台詞に使用する案が出たところ、いとうPの判断により見送られた経緯がある。
またゲームでも天皇賞(秋)をサイレンススズカで制した場合、これを元にした特殊実況が聞ける。
ティッシュシニア級1月前半終了時のイベント『福引チャンス!』で望まれてもいないのに出現し、数多のウマ娘とトレーナーのやる気を奪っていった悪魔。
3等以上なら体力回復、2等以上ならやる気アップ+ステアップというかなり美味しいはずのイベントを確率でぶち壊しに来る。
あまりの悪逆非道さに「ティッシュ撲滅委員会」なるものが発足されるほど。効果があるかは怪しいが…
新シナリオでは福引イベントが発生しなくなりティッシュの脅威は去った。代わりに温泉旅行も行けなくなったので一長一短か。
マンハッタンカフェが生命エネルギーを与えたことも。
デジたんアグネスデジタルのこと。デジタル自身が一人称に時々使っている。トレーナー達の魂に住み着いてることも。
でちゅね遊びスーパークリークがトレーナーや他のウマ娘達に行っている尊厳放棄遊戯。これを受けた者はそのバブみによって赤ちゃんになってしまう。二次創作界隈では赤ちゃん化を逃れるためにタマモクロスが身代わりにされる。ウチは今から赤ちゃんにされる
デバフ相手の能力を一時的に下げる能力や状態異常のこと。ウマ娘内ではアイコンが赤色のスキルがこれに相当する。
デバフ○○主にチャンピオンズミーティングで採用される、デバフスキルを大量に取得したウマ娘のこと。スキル獲得を優先するため、ステータスが同チームの2名に比べ控え目になっていることが多い。 → 目的別育成法
デバフ役として主に採用されるのは距離に依存しないデバフレアスキルの八方にらみを持つナイスネイチャメジロドーベル。開催距離によっては独占力持ちの会長タキオングラススタミナグリード持ちのカフェ等。
殿下ファインモーション殿下のこと。シャカールとトレーナーで三角関係とか思ったら全取りして逆ハーとか強欲過ぎませんか殿下。
天井ソシャゲのガチャはその昔青天井(=上限なし)が普通だったが、運の悪い人々が真の爆死を繰り返して批判され、今では上限が設定され救いかつ呪いとなっている。
ウマ娘では育成ウマ娘・サポートカードガチャどちらかを一定期間中に200連することが条件となっている。
天井の景色なるべく拝みたくないもの。サイレンススズカの固有になぞらえてガチャでPUが仕事せず天井に至った時を言う。育成ガチャはまだしもサポカガチャの時はメンタルをやられがち。
どうした急にアニメのモブ青年のセリフ。唐突にレースを解説しだす友人へのツッコミで使われる。全くの余談だがこの台詞を発する青年の名は「みなみ」で、解説を始める方は「ますお」である。
アプリ版ではアグネスデジタルの育成イベントのなかでデジタルに対してトレーナーがこの言葉を発する場面がある。所謂セルフパロディ。
サトノダイヤモンドの育成シナリオ・関連トークの追加により、彼ららしきモブ2人がアプリ版でも存在することが確認されている。
東スポ杯東京スポーツ杯2歳ステークスのこと。ウマ娘内では東京スポーツ杯ジュニアステークス?に変更されている。
尊死「とうとし」と読む派と「そんし」と読む派がいるが、アグネスデジタルのキャラストでは前者が使われている。
ウマ娘ちゃん達の尊いアレやコレやソレを過剰摂取してしまったデジたんが臨界点を超えて活動停止、もしくは爆発する状態。またデジタル殿が尊死しておられるぞ!
とつ。この場合「突撃」ではなく「突破」の略。ソシャゲによくある限界突破のこと、本ゲームにおいては主にサポートカードの上限解放の意味で使われる。
回数によって1凸・2凸と変化したり、レベルも開放回数も最大にすると完凸と呼ばれたりする。
どぼめじろうとあるウマ娘の同人活動時におけるペンネーム…とされている。ウマ娘中文版wikiの育成ウマ娘一覧を再翻訳した画像がきっかけで生まれた愛称(?)である。
同業者にアリスデジタル先生がいる。

な行 Edit

ナイスネイチャのような(史実のナイスネイチャが善戦をするもついぞG1を勝てなかったことから)いいところはあるけれどもいまいち冴えない男性を言い表す形容詞。……だった。
中山の直線は短いぞウマ娘内のレース中の実況で出てくるフレーズ。
元ネタは1992年有馬記念で、「ミスター有馬記念」ことフジテレビ堺正幸アナが発した「中山の直線は短い!」。
実際に中山競馬場の直線は他の競馬場と比べてもかなり短い。その距離は310mで、とても長い新潟外回りコースの半分もない。
ちなみに中央競馬には中山より短い直線を持つ競馬場が4つあるが、G1レースが開催される競馬場に限れば中山が最短である。
投げキッス1.アニメ二期でナイスネイチャが放った固有スキル。レースは3位だったがトレンドは主人公を差し置いて1位を奪取。かーっ!見んねターボ!
 なお、ゲームでは未実装の為ライブシアターで観ることはできなかった……
 が、ストーリーイベント「Brand-new Friend」開始と同時に実装、観ることが出来るようになった。かーっ!見んねイクノ!
 更に投げキッスこそ発動しなかったが、ストーリー1話でコラボキャラ2人の横できっちりメインキャラとしてライブをしている。かーっ!見んねタンホイザ!
2.マヤノトップガンがレース勝利時等に放つ必殺技。これを受けるとトレーナーはマヤに夢中になってしまう。
 元ネタは史実でマヤノトップガンに騎乗していた田原成貴騎手が菊花賞有馬記念の勝利後に投げキッスをしたことに由来するが、
 更に元を辿れば、世界一のジョッキーとも呼ばれ、イギリス大英帝国勲章MBEも受章している、イタリアのランフランコ・デットーリ騎手の真似である。
3.『うまぴょい伝説』の振り付け。今日の勝利の女神は あたしだけにチュゥする。
無礼るぶ…ぶれいる…「なめる」と訓む。漫画『ウマ娘シンデレラグレイ』のシンボリルドルフの台詞「中央を無礼るなよ」から。ウララちゃんは別だ
ナリブ
ナリブー
ナリタブライアンのこと。
[ロード・オブ・エンペラー]シンボリルドルフの固有スキル「汝、皇帝の神威を見よ」のこと。神威とも。
新潟の直線はまだまだ
ここからが正念場!
新潟競馬場(外回り)の直線距離は中央最長の659m。じつに中山の2倍以上もある(高低差は中山1.8mに対し新潟はほぼ無い)。
ウマ娘では最終直線に入るとこの実況が流れる。※アイビスサマーダッシュなど新潟千直は除く。
主にMake a new track!!〜クライマックス開幕〜シナリオの新潟JSで逃げ・先行ウマ娘が事故り、みんなのトラウマとなっているとかいないとか。
逃げ切りシスターズ『うまよん』にてスマートファルコンサイレンススズカミホノブルボンを巻き込んで結成した「逃げ」脚質ウマ娘によるウマドルユニット。のちにアイネスフウジンマルゼンスキーを加え5人体制となった。マルゼンかブルボンの短距離適性上げればチームレース埋められる
ニンジンウマ娘の大好物だが、馬は甘味の一環として食しているだけであり特別好物にしているわけではない(リンゴや角砂糖なども食べる)。
史実馬の中には大好きなバナナを差し出されるや否や口の中のニンジンを吐き出しまでバナナを食べようとするビワハヤヒデや、
ikze騎手からもらったニンジンを目の前で吐き捨てたスイープトウショウなど珍エピソードを持つ者も。
ニンジンハンバーグハンバーグにニンジンが丸ごと刺さっている、見た目のインパクトがすごい謎のハンバーグ。福引きイベントなどで見ることができる。
ウマ娘の象徴的な料理として有志らが自作している他、過去にはライブイベントで発売されたり、コラボで公式レシピ動画などが掲載されている。
ちなみにニンジンはグラッセにすることで、形を保ったままハンバーグに刺すことが可能。
仁川の舞台は
ここから坂がある
ウマ娘内のレース中の実況で出てくるフレーズ。仁川(にがわ)とは阪神競馬場のことで、阪急今津線仁川駅が最寄り駅であるためこう呼ばれる(競馬場自体は仁川ではなく、隣の駒の町にある)。
阪神競馬場にはゴール直前に高低差2メートルほどの坂があるが見た目にはわかりにくい。
坂を下ってまた急坂を登るラストスパートとなるため、半端な数値だと大阪杯など阪神G1でたづなさんの予想が根性×になる要因。
ネイちゃん
ネイチャさん
ナイスネイチャのこと。
「ネイチャさん」は彼女が(主にぼやきの際に)一人称として使うこともある。
野良○○デッキに編成していないサポートカードのイベントが発生すること。またそのサポートカード自体を指す事もある。稀ではあるが連続イベントもちゃんと進行する。
有用なスキルヒントやステUP、回復イベントを引いたりスイープがスズメを探してくれたらラッキーな反面、計画外に体力を減らされることもあるのが悩ましい。
何よりサポカイベントは1ターンに2つ以上は発生しないので、野良イベントが頻繁に起こると肝心の編成サポカの連続イベント進行の妨げとなる場合がある。
あまりに野良イベントばかり抽選を引いて編成サポカが完走できない人は、一度フクキタルにお祓いしてもらいましょう。
呪いの装備サポートカード編成(フレンドを含む)の際、性能が高いゆえに外すことができなくなっているカードのこと。特にフレンドから借りるカードは課金環境などにも左右されるが悩ましくなることが多い。
例えばスピードサポカとしてフレンドから借りるキタサンブラックがどうしても外せず、長距離育成に必要なスーパークリークをなかなか使えず苦労する(またはその逆)、等。

は行 Edit

バースデードネーション引退馬協会が2017年より毎年行っている、ナイスネイチャの誕生日に合わせた引退繁殖馬支援活動のこと。詳細は左記メニューより引退馬協会のリンクを参照。
33歳の誕生日を迎えた2021年4月は当初の目標額300万円を初日で達成、3333万3333円到達直前の際はぴったりゾロ目を狙う者達による募金のチキンレースの様相を呈した。そういうゲームじゃねぇからこれ!
最終的には約3500万円の支援を集め、NHKマイルとダービーの変則二冠を達成したディープスカイ・天皇賞春秋連覇を果たしたメイショウサムソン等を新たに受け入れている。
破壊王
破壊神
タニノギムレットのこと。功労馬としてYogiboヴェルサイユリゾートファームに到着した初日に、柵を4本蹴り壊したため牧場スタッフからこの称号が与えられてしまった。
その後も順調に蹴り壊し、飼い葉桶も破壊しつくし、誕生日寄付には牧柵基金の項目が作られ、その称号に恥じない活躍を見せている。
(鋼の意思)何かが必要かどうかを問われた時に、固い意思を持って必要であることを表明する為に付けられる言葉、スキル「鋼の意志」とは漢字が違う。
例文:「(鋼の意志)いる?」「いらない(鋼の意思)」
配布○○○○にはウマ娘の名前が入る。イベントやメインストーリー等、主にガチャ以外の手段で入手出来るサポートカード全般を指す。
ガチャから排出されるサポートカードと比べて入手・限界突破(完凸)が容易なためか性能が控えめに設定されているため、大抵は資産の揃っていない初心者や無・微課金のトレーナーが使用する事となる。
ただし一部の面でガチャ産よりも優れている事もあり、その場合は無微課金に限らず使用される事もある。
バクシン教スピード全振り育成のこと。サクラバクシンオーはスピード全振りでURAファイナルズを優勝できるお手軽さのため、入信する初心者が跡を絶たない。
ただし、この戦法が通用するのは主に2000m前後までで逃げを主力とする一部ウマ娘のみであり、過信は禁物。
パクパクですわメジロマックイーン言っていない台詞。元ネタは関西のチェーン店スーパー万代のPOPで、ラスクの美味しさを関西弁で称える文。
Twitterで関西弁というよりお嬢様言葉に見えるというネタが投下された後、さらに某所でメジロマックイーンがいかにも言いそうな台詞としてコラ画像が作られ、そのまま普及した。更にはボイスの溶接で「パクパクですわ!」を言わせる者まで現れる始末
走れコウタロー1970年に、フォークソンググループ『ソルティー・シュガー』がリリースしたシングル曲。最終的に100万枚近いヒット曲になった。
零細馬主が、『コウタロー』という競走馬をダービーに出走させ、一世一代の大勝負に挑むという内容。
ハイセイコーがもたらす第1次競馬ブーム以前の作品であり、時の東京都知事を揶揄るなど、当時の競馬のイメージを徹底したパロディで表現している。
前述の競馬ブームを経てコミックソングとして定着、1996年にアニメ「みどりのマキバオー」の主題歌『走れマキバオー』、2018年にはウマ娘CM曲として『走れウマ娘』がそれぞれ歌詞を一部変更してカバーしている。カバーに際しては、その時々の都知事にまつわるネタが台詞として挟まるのがお約束になりつつある。
はちみー蜂蜜を使用してると思われる飲み物で、トウカイテイオーがアニメで飲んでるやつ。アプリ版でもはちみーを常飲しているようだ。
テイオー以外のウマ娘が飲んでいる描写は少ないものの、[祝福はフーガ]ミホノブルボン等で見ることができる。
はちみーのうたトウカイテイオーがはちみーを買いに行くときに口ずさんでいる歌。かわいい。アニメ二期のサウンドトラック「ANIMATION DERBY Season.2」に収録されている。
はちみーはちみーはっちっみー はちみーを〜なめ〜ると〜 脚が〜脚が〜あっしっが〜 はやく〜なる〜
ハチミツマシマシ
アマメマシチョモランマ
MNTシナリオイベントでオグリキャップが注文した二郎系はちみー。容器サイズが同行してたタマモクロスの顔ほどもある。
ライスシャワーも夏祭りで同じような巨大容器のはちみーをいつの間にか手に取っていた。
バナナアニメにも登場したバナナ先輩ことビワハヤヒデの好物。実馬の好物もバナナで、バナナを差し出すと今食べていたニンジンを吐き出してまで食べようとする映像が残っている。
ハヤヒデ以外ではダイワスカーレットもホーム画面で言及している。
ハナモゲラ帽子がチャーミングなとあるウマ娘のモデルになった実馬のあだ名。これはひどい。でも愛されキャラだったとわかるな。
由来は流星の模様のせいで鼻が曲がっているように見えたことから。
馬主競走馬の所有者であり、ありがたくもウマ娘で愛馬の名称使用を許可していただけるウマ娘界隈においては神に相当する立場の人。逆鱗に触れるとそのウマ娘の使用許諾が取り消され今後一切出演できなくなったり、最悪の場合ウマ娘というジャンルそのものが消滅する。
馬主というのは馬主登録要件を見ればわかる通り社会的地位の高い方しかなれないものなので、当然それなりの権力を有しているためウマ娘以外にも影響が出てくるかもしれない。マヂで怒らせてはいけない。
『モチーフとなる競走馬のファンの皆さまや、馬主さまおよび関係者の方々が不快に思われる表現、ならびに競走馬またはキャラクターのイメージを著しく損なう表現は行わないようご配慮くださいますようお願いいたします』
パパノトップガンマヤノトップガンが会話で度々話題にするマヤの父親のこと。(史実馬の父ブライアンズタイムは無関係と思われる)父は旅客機ではないパイロットであることが明らかになっている。
後に花嫁衣裳のマヤノが実装され、ホーム画面会話で「ウェデングドレス姿の写真を送ったらパパが泣いてしまった」ことが語られた。
馬名由来である映画「トップガン」から、主演俳優のトム・クルーズのようなパパを想起するトレーナーが多かったのだが、2021年8月の3rdライブでは同映画の続編である「トップガン マーベリック」のマヤノトップガン宣伝大使就任が決定。この一件によりトムクルーズ本人説がさらに強まった。
その後映画の公開延期等で暫く音沙汰がなかったが翌春にはコラボ活動がようやく始動…するやいなや、トムクルーズ来日を4thライブで世界最速発表来日イベントでマヤ役星谷氏によるインタビュー、同映画の鼻歌動画をきっかけに作曲者からコメントを貰う*3等、ソーシャルゲームのコラボからは到底想像できない掛かりっぷりが各所で話題となった。マヤのお友達こと星谷さんの胃が心配である
バフ自身や味方の能力を一時的に上げる能力や状態異常のこと。ウマ娘内ではアイコンが橙色のスキルがこれに相当する。
バブリーランドもしかして:ジュリアナ東京
2021年7月の「ウマ娘夏物語」イベントで登場した謎のレジャー施設で、以降のイベントでも偶に登場している。マルゼンスキーが良く通っているようだ。
腹を切りなさいグラスワンダーが調子に乗るエルコンドルパサーを折檻するセリフという概念。エル「グラスのケツはデカいデース!」グラス「エル、腹を切りなさい」
ハリボテエレジー2010年にJRAがコラボ・公開した映像コンテンツ「JAPAN WORLD CUP」に出走する馬の一頭。どう見ても中の人がいるが気にしてはいけない。中から空き箱をたたく音が聞こえる
同コンテンツの実況を務めたのはウマ娘アプリ版での男性実況を担当する茂木淳一氏であり、稼働当初は関連ファンアートも多く投稿された。ハリボテ壊れた!ガムテープのはがれる音!
これが語源かは定かではないものの、評価点は高いが能力値バランスやスキル構成の関係でチームレース等で勝てないウマ娘を「ハリボテ」と呼称することがある。
春天天皇賞(春)のこと。
半角テイオートウカイテイオーの声優Machicoの特徴的な声質により文字にすると半角カタカナで表現されることから、主にコメディー方面のテイオーを半角テイオーと呼ぶ。
例:海だー!→ウェミダー!orウニダー!、訳わかんないよぉ!→ワケワカンナイヨー!、次も1着、取るもんね!→ツギモイッチャクトルモンニ!、例のアレ→ロクガツミッカニチヨウビニ&ショウモンマエ&ウマムスメムクー
一方、シリアス方面のテイオーは全角テイオーと呼ぶ。
阪神JF阪神ジュベナイルフィリーズのこと。モデル馬が牡馬のシチーさんが出場しているのはその前身のレースで、当時は牝馬限定では無かった為。
ビコペビコーペガサスのこと。
ヒシアケボノでかすぎ競馬ファンなら一度は口走ったことがあるセリフの一つ。
馬体重480kg前後が標準とされるサラブレッドの中にあってヒシアケボノスプリンターズステークスを制した時の馬体重が560Kgと、JRA史上最高馬体重勝利記録を持っている。
ちなみに最高体重は5歳MCSでの582kgと圧巻の一言に尽きる(探せばもっとでかい600kg超えの馬も結構いるが、G1を勝つ実力を持った馬はヒシアケボノをおいて他にいない)。
当然、ウマ娘でも反映されており、身長180cm、体重・超大幅増と段違い。
加えてCVの松嵜麗も、アイドルマスターシンデレラガールズの諸星きらり(186cm)が代表キャラと、明らかに狙ったとしか思えないキャスティング。
ピックアップガチャにおいて特に排出確率が高く設定されているもの。ただし出るとは言っていない。運悪く出なくても天井すれば交換できるが、課金は生活に無理の無い範囲で。
羊の王タイキシャトルのこと。史実の本馬が引退後の牧場生活にて羊の群れと一緒に暮らしていたために呼ばれた。
牝馬限定戦実際の競馬では牝馬しか参加資格のないレースだが、ウマ娘では全員女の子なので参加できる。
ただしモブウマ娘は牝馬モチーフを表す左耳リボンの子しか出走してこないという仕様がある。そしてネームドは牡馬モチーフでも普通に出走してくる。
なおリアルではここ数年牝馬の方が強いので意味合いが逆転しつつある。
ファインの姉ファインモーションの姉のこと。元ネタはファインモーションの実馬の半兄ピルサドスキー。来日参戦したJCのパドックで馬っ気を出しながらレースではエアグルーヴを後ろからぶち抜いたことで有名。
なお、ピルサドスキーは父親違いの兄なのでファインモーションシナリオ中のファインモーションの父親は王様でなく王配と思われる。
ファン1号スマートファルコンのトレーナーのこと。にぶトレとも。
ファンボサポートカードのファン数ボーナスのこと。
フジテレビネタアニメの台詞や、ゲームの特殊実況で頻繁に用いられるネタ。
フジテレビ(以下CX)と準キー局の関西テレビをはじめとする系列局は、長年競馬中継に携わってきた経緯から、そのレースを象徴する数多くの名実況が生まれており、その数はNHKやラジオNIKKEIをも凌駕する。
また、アニメ・ウマ娘の制作委員会には関西テレビも参加しており、CX系列によって放送された数多くの名実況がアニメでも聞かれ、その元ネタとなったアナウンサーが再評価される事にも繋がった。
ゲームでも特殊実況の形で、これまた数多くのCX系列の名実況が収録されている。
このことからウマ娘はCXで放送されたと思う人がいるが関東地区ではCXではなくTOKYOMXで放送された。
なおカンテレ以外のCX系列局でウマ娘が放送された局はサガテレビと岩手めんこいテレビのみ。なおサガテレビはCX系列局では唯一、競馬中継を一切放送していない。
相手の逃げウマに対し、パワーが高く相手より前に出るための地固め等を取得した逃げウマを採用することで、相手逃げウマのスパートを封じる戦術。 →目的別育成法
キャンサー杯ではレース場の構成からセイウンスカイの固有スキルがかなり強いとみられており、対抗手段として芝仕様に魔改造した蓋ファル子等を出走させる動きが各所で見られた。
2022年現在では純粋な意味での蓋採用は死語となっているが、「相手の逃げウマに独走を許さないために自分も逃げを採用する」といった形での採用は珍しくない。
ぶっぱ「ぶっ放す」の略。いろいろな使われ方が有るが、ウマ娘では低いステータスを無視して一部のステータスを全力で上げる、という意味で主に使われる。「バクシン教」もこの手法の一つ。
布団乾燥機アドマイヤベガの愛用する家電。今日もふわふわを追求し続ける。
フラウンス[あなたにささげる]ニシノフラワーでのイベントをはじめ各所で多く絡んでいる、ニシノフラワーセイウンスカイのカップリングのこと。尊さでアグネスデジタルが気絶してる…
史実では同じ牧場の生まれで、二人の仔にニシノミライがいる。ちなみに史実ではフラワーの方が6つも年上である。
ブロコレ「ブロンズコレクター」の略。銅メダル、すなわち3着を多く取り、善戦はするが勝ちきれない馬を指す。漫画『馬なり1ハロン劇場』から広まったが、元は競馬ライターが提唱したもの。
上記漫画内では「ブロンズコレクター倶楽部」なる団体が設立されており、ウマ娘化された中で所属していたのはナイスネイチャテイエムオペラオーメジロブライトナリタトップロード。なお、ゴールドシップの父親みたいに2着が多いと「シルコレ」とも呼ばれる。
ゲーム内では、育成中にG1レースで3着を3回取ると取得できる二つ名「ブロンズコレクター」が存在する。
フンギャロ!マチカネフクキタルの鳴き声。
ベレー帽の紳士「りゃいあん!……りゃいあん!」 →りゃいあん
メジロライアンの育成イベント「有馬記念の後に・努力より尊いもの」に登場した謎の紳士。
モデルは競馬の神様と呼ばれた、ベレー帽でお馴染みの競馬評論家・解説者の大川慶次郎氏。
イベントに出演した理由は1990年有馬記念、先頭に立ったオグリキャップを外から強襲しようとしていたメジロライアンに注目させるため、名前を叫んでいたからと思われる。
帽子の子一周年記念アニメで容姿のみ登場した、水兵帽をかぶった名称不明ウマ娘の仮称。
有志により元ネタと思しき競走馬はいくつか候補に挙がっているが、ファンアートなどでは左記のように呼ばれていることが多い。
ホープレスステークス名称変更されたばかりのホープフルステークス勝利馬が、活躍できずに引退していったために言われていた俗語。2017年のG1昇格後は活躍馬が輩出されていったため、こう言われる事もなくなった。
……だがウマ娘リリースとともに復活、メジロマックイーンの目標を阻む壁として数多のトレーナーの前にそびえ立った。→メジロマックEーン
ボテ腹ウマ娘がお腹いっぱい食べたときの姿。かわいい。ニコニコ静画では「太り気味」のタグがよく使われる。
ゲーム版では1stアニバーサリーのアプデにより、ホーム画面の後ろを食べ歩きでボテ腹になったウマ娘たちが闊歩するようになった。
ホヤあそばせホヤを初めて食す方は酸味のある果物と一緒にフルーツサラダでお試しあれ。

フジテレビネタでよく使われたアナウンサーについて Edit

青嶋達也異常に滑らかな早口を武器に、「1000m〜1200mの短距離レースで出走馬全頭の名前を2回も言えるのは青嶋だけ」と言わしめる。
一方、1600以上のマイル〜長距離のレースでは手持ち無沙汰になったり、言うことが浮かばなくなり黙るなど、迷実況に繋がってしまう事もしばしば。
この事から、サクラバクシンオーから名を取って「アオシマバクシンオー」と呼ばれている。
加えて欧州サッカーも担当していた事からゴール後の絶叫のレベルがヤバく、2021年皐月賞有馬記念では、お隣のNHKの放送ブースのマイクに拾われてしまう*4
ウマ娘では「大接戦ドゴーン!!」などがアプリ版に使われている。
川島壮雄関西テレビ所属。2015年宝塚記念の「出ない!出ない!」は、問答無用で1期OVA16話のネタに使われた。
堺正幸連続14年含む計17回も有馬記念を実況するなど「ミスター有馬記念」と呼ばれた。
競馬では85年天皇賞(秋)の「アッと驚くギャロップダイナ!!」や91年有馬記念の「これはビックリ、ダイユウサク!!」など、雑誌にも載る程の強い印象を与えた。
またトウカイテイオーが勝利したGIは全て堺アナが実況していた。
その為、アニメ2期では特に13話の93年有馬記念をはじめとしたレースの実況の元ネタとなり、アプリ版でも93年日本ダービーなどが採用された。
その一方で旧国鉄時代から東北・上越新幹線の車内自動放送を担当し、民営化後JR東日本のほとんどの特急列車*5でも耳にする機会は多い。
そのせいか、定年退職前後から「JR東日本の新幹線の人」というイメージが強くなってしまった。
実はCXの昼11:30*6のニュース番組の平日メインキャスターを92年から10年間務めており、お昼前の顔としても定着していた。
並行して新幹線の車内自動放送の収録や競馬実況もこなしていたのだから、どこに切替スイッチがあるのかが気になるところである。
塩原恒夫90年代から2000年代にかけて競馬やF1実況を担当。
趣味は年間100本以上は鑑賞するという映画鑑賞。
そこで培ったボキャブラリーを生かし、本馬場入場やF1のスターティンググリッド紹介などで「ポエム」を交えて出走馬・選手を紹介するという独特のスタイルを持つ。
映画作品に絡めたネタも多数あり、例えばアニメ2期10話・93年オールカマーの「逃亡者ツインターボ!!」は、実は93年に公開されたアメリカのサスペンス映画*7にひっかけている。
98年天皇賞(秋)のサイレンススズカ故障事故を「沈黙の日曜日」というフレーズで表現した張本人である。
杉本清元関西テレビ所属で、1970年初頭〜2000年代に競馬実況を担当。
レース中のラップタイムの導入や「杉本節」と呼ばれる詩的な言い回しなど、現代の競馬実況に多くの影響を与えた人物。
宝塚記念で一般的に用いられる語句「ファンの夢」は氏の発祥で、1999年の「あなたの夢はスペシャルウィークグラスワンダーか。私の夢サイレンススズカです」などが有名。
アニメ2期では第5話の天皇賞(春)をはじめとする関西開催のレースの多くが実況の元ネタとして採用されている他、アプリ版でもメジロの三人をはじめ、ナリタブライアンマヤノトップガン等、固有実況の元ネタに採用されているウマ娘は非常に多い。
アニメ2期放映に併せ関西テレビのYouTubeチャンネル上でコラボ対談を行っており、実際の映像を交えながらウマ娘登場バらの裏話などを語っている。
レジェンド杉本清×ウマ娘(ゴールドシップ&ナイスネイチャ)特別対談(Youtubeリンク)
三宅正治日本ダービーを実況したくてCXに入社した強者である。
その夢は入社12年目の96年に叶い、2002年を除いて2004年まで担当。
競馬以外では全日本女子プロレスやF1(特に92年モナコGP)など、数多くのスポーツで名実況を残してきた。
しかし2012年の「めざましテレビ」第2代総合司会就任と共に競馬を含む全ての実況から完全に引退してしまった。
ウマ娘では98年日本ダービーの「並ばない!並ばない!」などが使われた。

ま行 Edit

マーベラス空間マーベラスサンデーが展開するマーベラスな固有結界。これに連れ込まれた者はもれなくマーベラスな気持ちになる。これってもしかして洗nマァァァァベラァァァァス☆
マイルCSマイルチャンピオンシップのこと。この場合のCはカップではないし、Sはステークスの略ではない。
魔改造継承で本来そのウマ娘が得意としない距離・脚質を盛り、その適性に特化した育成を行うこと。
チームレースで自分が持っているウマ娘の層が薄い距離に出走させる、ハルウララ有馬記念をはじめとした適性外目標レースの勝利を狙うなど、理由は様々。
マキバオー現在も競馬漫画の代表作として名高い、90年代半ばに週刊少年ジャンプで連載された漫画「みどりのマキバオー」のこと。
(作者が対戦させたい相手という形での証言だが)主人公ミドリマキバオーのモデルはタマモクロス、劇中最大のライバルであるカスケードはフジキセキをモデルにしているなど、ウマ娘登場バとの縁も多い。
ほかにも往年のヒット曲「走れコウタロー」を改変カバーしたアニメ主題歌「走れマキバオー」は、過去に「走れウマ娘」で同様にパロディされている他、週刊ヤングジャンプではウマ娘特集号に併せシンデレラグレイとのコラボイラストも掲載された。
ちなみにこの「走れマキバオー」を歌っているのはフジテレビの福井謙二・三宅正治・青嶋達也アナウンサーたちである。
的場インストール一部のウマ娘が使う覚醒必殺技、使用するとオーラが漂い始め、「ついてく、ついてく……。」と徹底マーク◎しはじめる。
アニメ1期8話のグラスワンダーやアニメ2期8話のライスシャワーが使用した。
元ネタは「相手はコレ、と決めた時は怖いぞ」と言われた的場均騎手から。史実での両馬にも騎乗していた。
マチタンマチカネタンホイザのこと。同室のマチカネフクキタルは「おマチさん」と呼んでいる。お前もおマチ違うんかい!
マックメジロマックイーンのこと。
マニー常に不足がちなのはリアルマネーと同じ。
マブい本人を指す際は「マブいスケ」「激マブ」とも呼ばれるが、概ねマルゼンスキーのこと。もともとは70年〜80年代の流行語で、「美しい」の砕けた表現。
マンカフェマンハッタンカフェの事。主にトレーナーが用いている愛称で、作中の友人であるアグネスタキオンは彼女のことをカァフェェ単純に「カフェ」と呼んでいる。
饅頭メジロマックイーンのこと。貴顕の使命を果たすべくのスキル発動時、ほっぺがモチモチしてたため名づけられてしまった。
色の連想から後日追加されたエンドオブスカイを白饅頭、比較して通常のほうを黒饅頭と呼ぶことも。
まんまるウマ娘スマートファルコンの可愛いお顔のこと。髪型のせいもあって、どこから見てもまんまるい。かわいい
うまよんだとさらにまるい。かわいい
ちなみにガタイは四角##この書き込みはしゃいっ☆されました##
まんまる焼きファミリーマートとのコラボフードの一つ。どうみても呼び名で戦争が起きそうなあのお菓子にしか見えないが、あくまでこれはまんまる焼きである。なんでファル子が無いのか・・・
ちなみに、同じ商品名で発売されている別作品のコラボフードがあるのだが、その商品情報に気になる記載がある。やっぱり今川y
水マル[ぶっとび☆さまーナイト]マルゼンスキー」、通称「水着マルゼンスキー」の略称。「水丸」とか「ミジュマル」とか言われたりする。
対して通常のほうを指す際は「赤マル」などと呼ばれる。
緑因子各殿堂入りウマ娘がそれぞれ持つ、継承でウマ娘の固有スキルを継承できる因子。☆3以上のウマ娘が育成終了時に必ず得るが、☆2以下の場合は得られない。
継承固有のスキルは効果ランクが2段階ほど下がるため、オリジナルの固有スキルと比べて効果自体はかなり劣るが、発動条件を満たせば同じタイミングで発動するという特徴は残るため、特に一部の育成ウマ娘を中心に人気がある。親に選んだ2人の緑因子は、育成開始時に100%発動する点も、これに拍車をかけている。
南坂トレーナーアニメ版二期に登場するトレーナーで、チームカノープス(ナイスネイチャツインターボイクノディクタスマチカネタンホイザ)を率いる。
常にスーツを着用し丁寧語で話す穏やかな物腰の好青年だが、個性派揃いのメンバーや他のトレーナーの中では地味で目立たない存在である。
……と思われていたが、10話で大胆な行動に出て(詳細はネタバレのため割愛)、視聴者の度肝を抜いた。 正体はテロリストだの散々な言われようであるが、動機はメンバーへの優しさなのは変わりない。
アプリ版では特別移籍イベントでそれらしき人物のシルエットのみの登場であるが、その異彩さのため今でも話題にされることが多い。
無敗の三冠馬トウカイテイオーが失敗したヤツ。三冠取るまで無敗の意味で常勝無敗という意味ではない。
ちなみに親子二代にわたる無敗三冠は、2020年にディープインパクト産駒のコントレイルが達成している。
メジロマックEーンメジロマックイーンの目標「ファンを3000人集める」を期間ギリギリのホープフルステークスで達成しようとして出来なかった姿。お前らのせいやぞ
これを回避するために2ターン前のG3レースである京都ジュニアステークスでファン数を稼いでおくトレーナーも多いとか。
類語としてセEウンスカイ、最近はファEンモーションという国際問題も発生する模様。なお、トレーナーの末路は不明。
メロディーレーンちっちゃすぎヒシアケボノでかすぎ」の反対語で、2018年デビューの現役馬メロディーレーンを見て口走りたくなるセリフの一つ。
長距離レースを中心に概ね340〜350kgという馬体重(標準的なサラブレッドは470〜480kg前後)で出走しており、2021年有馬記念では出走馬史上最小馬体重の352kgで出走した。
ちなみに1986年以降の有馬記念出走馬の中で、彼女以前の最小馬体重記録を保持していたのはツインターボの414kg(91年・94年ともに)。
参考までに、他にウマ娘で小柄と言及されているタマモクロスの88年有馬記念448kg、同じくナリタタイシンの93年皐月賞426kg、
絞りに絞って鬼が宿ったライスシャワーの93年天皇賞(春)430kg、馬体が小さくて売れ残ったハルウララのデビュー戦397kgと比べてもなおちっちゃい。
木魚ライブゴールドシップ育成シナリオのファン感謝祭イベントで、クイズ回答者役のゴルシが突発的に始めたソロライブ。成功パターンでは「一日限りの伝説のライブ」と語り継がれるらしい。
4thライブ東京1日目ではクイズ出題者代行*8と、木魚のパトスに反応し呪文とエアギターで参戦した二人と共に、このイベントが「一日限りの伝説木魚ライブ」として、楽曲付きで再現された。ちゃんと固有スキルのレベルも上がった。
モクロスタマモクロスのこと。タマモクロスの愛称はタマだが、では残りの「モクロス」はどういう意味なのだろうかというネタから。
念の為にネタ抜きの由来を書くと、本来の区切りはタマモ(冠名、高松市の玉藻城から)+クロス(父のシービークロスから)である。
モブ
モブウマ娘
各種レースにNPCとして登場する架空のウマ娘たちの総称。→SandBox/その他ウマ娘
いわゆる量産型パーツの「その他大勢」ではあるが、中にはその組み合わせの可愛さや特徴的な名前など様々な要因から人気を集める娘もいたりする。
ライブシアターでは指定無しを選ぶとそのポジションにランダム選出されたモブウマ娘が配置される。任意選択実装が待たれるところ。
モブロック敗因。モブウマ娘に前や横を塞がれバ群に沈むこと。???「パワーが足りていないようですね」
モルモットアグネスタキオンのトレーナーのこと。薬を飲まされて発光したり、上昇負荷を受けたかのごとく成れ果て化してたり、まるでアプリリリースと同時期に放映されたショートアニメのようにPUIPUI鳴く姿が散見される。

や行 Edit

やきうのお姉ちゃん
やきうのお馬さん
もしかして:めじろmこの項目は削除されました
うまよんでのユニフォームの柄や、彼女の応援している「ユタカ」の名がつく名選手が過去に在籍していたこともあり、ファンアートでは特定の球団を応援している姿が定着しているが無関係である。
あと、その球団を応援しているのは彼女ではなくチケゾーの中の人である
なお、同じメジロ家のお姉ちゃんがサポートカードで見事な投球を披露している。積極的に野球をしているのはライアンのほうなのにどうしてですの…
ヤギの王メイショウドトウのこと。史実の本馬が引退後の牧場生活にて、ヤギに囲まれながら穏やかに暮らしていたために呼ばれた。おやつは奪われた
野菜は食え強サポートSR「[見習い魔女と長い夜]スイープトウショウ」のイベントから。決まった定型はないものの、例えば「野菜は食え、補習は受けろ、スズメを探せ、フジキセキのことを想え」などと続く。
定番選択肢を覚えやすいように格言のようにしたネタである。フジキセキに関しては、やる気よりもスキル一匹狼を重視して「フジキセキに謝れ」とするプレイヤーもいる。
ヤバい方のアグネスどっちだよ! どっちもだよ! ファンアート由来のネタ。
作中では副会長エアグルーヴが探している方なので、絵師自身の発言「たぶんタキオンの方だと思う」の通りなのだろうが、一般論としてはデジタルと甲乙付け難い。ちなみにこの二人は同室である。
ヤミノビジンゴールドシチーを愛するが故に、その顔を曇らせたい欲求を抑えることが出来ないユキノビジンという概念。その名の通り、常に闇深な妄想をしている。変な東北訛りが特徴。消えるべ!闇のわだす!
夢女子
夢女
『夢小説』と呼ばれる創作ジャンルを嗜む女性の事。もしくは自分自身を創作世界に投影してキャラクターとの関係を持つ想像をして楽しむ女性のことを指す。
ウマ娘は擬人化・女体化がメインの男性向け作品……と思いきや、産し続けている。中には「男だけど夢女子になったわ」といった発言も。どういうことなの・・・
ユメヲカケル!ナイスネイチャ言うところのキラキラしてる主人公特権。勝った時は気持ちいいが負けた時はいたたまれなくなる。どや?配信映えするやろ?
「よど」と読む。京都競馬場の俗称で、ウマ娘でもスキル「淀の申し子」等で採用されている。競馬場最寄り駅である淀駅(さらに元をたどれば同駅近くにある淀城)が由来。
レース中でも「第3コーナーの淀の坂をくだる!」の実況が用いられている…が、レースの距離や展開によってはタイミング良くないと中々聞けなかったりする。
また、ライスシャワーのシナリオでシニア級宝塚記念(京都開催)一着を取ると…

ら行 Edit

ライナー・ブラウン『進撃の巨人』の登場人物で鎧の巨人の本体・・・なのだが、ウマ娘界隈では高難易度な育成目的(例:ハルウララの有馬チャレンジ等)に挑み、幾度となく失敗して精神的に打ちのめされ続けるトレーナーの成れの果てを指す。
ライナー「違う!違うんだ!ウララが有馬記念に勝てないのは…!ステータスが足りなかったからでも…因子が足りなかったからでも…スキルが活かせなかったからでもなく…!ウララの能力を引き出しきれなかった…俺のせいだ!」
大抵、担当ウマ娘を活躍させられず自罰的になり、一人トレーナー室で虚ろな表情で銃を咥え自○未遂(という名の芸術)に陥っているらしい…???「…美しい これ以上の芸術作品は存在し得ないでしょう…」
リコピンナス科ナス属の野菜、トマトに多く含まれる抗酸化成分・・・ではなく、理子ちゃんこと樫本理事長代理の発する尊み成分。
アオハルシナリオに登場する新キャラクターとしてお披露目。先行公開されたビジュアルイメージでは、オーラを纏いながら目を光らせるというの謎の強キャラムーブでトレーナーを戦々恐々とさせるが、
サポートカードと共にいざ実装されると、日常生活を送るにも支障をきたすほどのひ弱さが明らかになり、そのあまりに大きすぎる振れ幅が、多くのトレーナーたちのハートをわしづかみにした。
りゃいあんオグリキャップ引退レースの有馬記念で突然割り込んだ解説者の発言。同レースに出走していたメジロライアンのことを叫んでいた。→ベレー帽の紳士
リュージテイエムオペラオーについて語られる際、セットでついてくる謎の概念。正体についてはオペの持つ手鏡・王冠・トレーナーと一心同体のソウルなど様々な解釈がある。
元ネタは全レースで彼の鞍上を務めた和田竜二騎手。オペラオー引退後もちょくちょく会いに行っていたらしい。その度に噛みつかれていたようだが…
余談だが、4thライブのトークパートで細江純子氏が和田騎手の話題を上げた際、オペ役徳井氏は「和田さん!ありがとー!」と呼びかけている。尊い…
ルムマルームマッチの略称。こんなレースは初めてと言いたくなるレースを見ることが出来る。
ルーレット1.ストーリーイベントで行われるルーレットダービーのこと。
第一回イベントではビンゴの天井が無く、ビンゴシートがすべて埋まらないとサポートカードが獲得できなかったため各所から嘆きの声が聞かれたが、次回イベントより回数をこなせば必ずビンゴが揃うようになった。
2.公式生放送のぱかライブTV等で行われるイベントコーナーの一つで、1のルーレット板を模したもので行われる。声優陣の頑張り次第でジュエルが大量に配布される可能性もある。不正はなかった
レスボサポートカードのレースボーナスのこと。

わ行 Edit

技マシントレーニング時のヒントイベントやランダムイベントなどでのスキル獲得を期待してサポートカードを編成に組み込むこと、またその目的で編成したサポートカードを指す。
得意トレーニングが育成方針に合致しない・トレーニング性能が低いカードがそう呼ばれやすいため、例えばトレーニング性能・獲得スキル共に需要の高いSSRキタサンブラックのようなカードは対象に含まれない。
語源はゲーム「ポケットモンスター」の使用する事で技を覚えさせられるアイテム。
ングヘキングヘイローのこと。キングはわりと多いしヘイローは名種牡馬を産み出した名種牡馬だししょうがないのだが・・・

英字 Edit

AJCC
AJC杯
アメリカJCC?のこと。ちなみにこれも略称であり、正確には「アメリカジョッキークラブカップ」である。
BNWクラシック三冠を分け合ったビワハヤヒデナリタタイシンウイニングチケットの総称、新平成三強とも。
由来はそれぞれの頭文字とドイツの自動車メーカーBMWから。「びっ……"BWH"のレースに期待してください!」「……それはスリーサイズでは……。」
B70サイレンススズカのこと。理由h(ここから先は読めなくなっている)
Cカップの略、例えばNHKマイルCと書かれていたらNHKマイルカップの略である。
JCジャパンカップのこと。中等部のウマ娘のことではない。
JDDジャパンダートダービーのこと。
ikzeスイープトウショウについて語られる際、セットでついてくる謎の概念。正体についてはスイープのパパという説が有力。
元ネタは彼女の主戦騎手を務めた池添謙一騎手。インタビュア「(スイープが人間だったら)彼女にしたいですか?」ikze「いや、キツいでしょ…><」
同騎手は他にカレンチャン等も担当していたが、スイープトウショウやオルフェーヴル等、いわゆる「癖馬」の騎乗に定評がある。
その為そういった競走馬の駆け込み寺扱いされることも・・・。それでいて結果を残しているあたり流石
MNT2022年2月24日の1stアニバーサリーに合わせて実装された新シナリオ、Make a new track!!〜クライマックス開幕〜の略称。
…なのだが、〜クライマックス開幕〜の部分を受けて「クライマックス」「クラマ」をシナリオ略称として用いている人のほうが多い模様。
netkeiba株式会社ネットドリーマーズが運営する、現実の競馬ニュース・データベースを取り扱う国内最大級の競馬サイトの一つ。
公式ツイッターではウマ娘の何らかの情報発表に便乗する形で元馬のデータベースをツイートしてくれるありがたい存在。
ぱかライブTVの生放送内でマンハッタンカフェタマモクロスの育成ウマ娘実装が発表された直後に元馬情報をツイートするなど、担当者によるリアルタイム視聴や癒着疑惑がある。
NHKマイルCを勝ったウマ娘アグネスデジタルの育成シナリオにて、シニア級で度々話題に登場しながらも一向に名前が出てこないウマ娘。デジたんからは「後輩ちゃん」と呼ばれる。
その正体はクロフネ。天皇賞(秋)の出走枠の関係で、デジたんが出走を決定したことで同レースに出走できなくなった…という史実ネタから。
NZTニュージーランドトロフィーのこと。
レースのトロフィーが、センシティブな造形をしていることで有名。ウマ娘アプリ内のトロフィールームでは、横向きに置かれてごまかされている。なお、ニュージーランドの伝統彫刻を意識した造詣であり、ちゃんとした意匠なので注意。芸術は難しい
NTR脳が破壊される性癖の一種、親しい人が誰かに取られる……というのがよく見かけるNTRの意味ではあるが、競馬関連の話題だとナリタトップロードのことを指したりする。
サービス後しばらくはウマ娘化されていなかったが、テイエムオペラオーアドマイヤベガと同期の菊花賞馬であるため頻出する言葉であり、前述の意味を知っている人の脳を破壊していた。
そしてサービス開始一周年が迫る2022/1/27、ぱかライブTVにてついにウマ娘化とアプリでの登場が告知され、世代のファンたちを大いに沸かせた。
PUピックアップの略。ガチャで対象がわずかに出やすくなる。SRでは仕事するが、SSRの時、特に2枚同時実装の時はまったく仕事しないことで有名。
Sステークスの略、例えばスプリンターズSと書かれていたらスプリンターズステークスの略である。
SS1.一般的な競馬の話題としては、偉大過ぎる種牡馬サンデーサイレンスのこと。ケンタッキーダービー等米G1を6勝し年度代表馬に選出されるも、血統と見た目の悪さから日本に売られ、繁殖生活を送ることになる。
 ウマ娘アプリ内でも、産駒としてサイレンススズカスペシャルウィーク等が、孫としてもダイワスカーレットゴールドシップ等が実装済み。
 その影響力は、良くも悪くも日本競馬の在り方そのものをも変えてしまったといわれ、2021年現在、彼の存在失くしては日本競馬は成立しない程にまでなっている。
 反面、あまりに彼の血を引く競走馬が広まりすぎて「セントサイモンの悲劇」再来が危惧されてもいる。
2.サイドストーリーの略語で、ファンによる二次創作小説のこと。内容にもよるが、「怪文書」とも呼ばれる。
3.育成ランクの一つで、S+の上。なお、現在SS以上のランクとしてSS+、UGが確認されている。
SSR0twitterのトレンドになった何故か背筋に悪寒の走る謎の文字列。その日がキタサンブラックの復刻ガチャの初日だったことと何か関係が?
Tトレーナーのこと、つまりはウマ娘をプレイしている人。
TKG卵かけご飯の略(Tamago Kake Gohan)。
アニメ版第二期でダイタクヘリオスのパリピ語「mjk…(マジか…)」に困惑したメジロパーマーが「TKGなら分かるけど…」と返して逆にヘリオスを混乱させている。ナカヨシ!
ゲーム版1コマではメジロアルダンが更に明後日の方向に解釈(Throne(玉座) Knight(騎士) Glory(栄光))してカオスなことに…
TSCMake a new trackシナリオの最終戦、「トゥインクルスタークライマックス(Twinkle Star Climax)」の略称。
従来シナリオにおけるURAファイナルズに相当するが、3レースを同じメンバーが出走し、各レースの順位に応じ加算されるポイントの合計で総合優勝者を決定する点が特徴。
現実の競馬で夏シーズンに行われるサマーシリーズのシステムが近いか。
TSCドランメンが脳裏に浮かんだ貴方はきっとチャロナー。
TTG1970年代後半に争った3頭の競走馬、トウショウボーイ・テンポイント・グリーングラスの総称。どの馬もウマ娘化はされていない。
三強と呼ばれる関係性の中でも人気が高く、実装が求められる声もしばしば聞かれる。
直接の登場は未だ無いものの、ストーリーイベント「晩秋、囃子響きたる」にて、恐らくトウショウボーイが元ネタとされるウマ娘による投書が登場した。投書ウボーイ…
URA○「URAシナリオ」因子の事。URAは「裏」とも略される。○には3や9などの数字が入る。他の白因子と比べてステータスの上昇量が格段に高いことから、この因子を持つ殿堂入りウマ娘は重宝される。
基本的にはURAシナリオ☆3を持つものをURA3、それを代表・両親ともに持つものをURA9などと呼ぶ。
URAファイナルズ理想とは真逆にステイヤーに中距離出走を強いる仕様のレース。頼むから自分で選ばせてくれ。

数字・記号 Edit

1200m×3=3600mサクラバクシンオーの育成シナリオでトレーナーが提示した中長距離走破理論。「1200mのレースを三連勝すれば長距離走ったことになる」という無茶理論で、実際に中長距離走ろうとするバクシンオーを制止しようとした。当のバクシンオーは「騙されているのでは?」と疑問を抱きつつも、賢さGなので素直に聞き入れた。
120億宝塚記念、1番人気、ゴールドシップ……うっ、頭が
!!!!!!ダートでGI3勝を挙げた名馬サクセスブロッケンのこと。『!』は必ず全角で6個じゃないといけないらしい。
馬名を書くときに後ろに並べて、叫んでいる感を演出するのが正式な使い方だが、『!!!!!!』だけでも大体通じる。
元ネタは同馬がトチ狂ってダービーに出走した際の、某掲示板の書き込みから。お見せっ!お前の末脚を!!
同期で同じくダートで活躍したスマートファルコンの育成ウマ娘実装に合わせて、彼女のシナリオでそれっぽいモブウマ娘としてまさかの登場を果たした。
※中等部ですいろんな意味で中等部らしからぬウマ娘達のこと。主にダイワスカーレットメイショウドトウヒシアケボノマーベラスサンデーゼンノロブロイキタサンブラックサトノダイヤモンドが挙げられる。「なんでだろうね、スズカはどう思う?」スズカ「ノーコメントで(血涙)」
○○固有○○にはウマ娘の名前(大抵は通称)が入る。ウンス固有ならアングリング×スキーミングゴルシ固有なら不沈艦、抜錨ォッ!を指す。固有スキルの名称が略しづらい時にこの呼び方がよく使われる。
○○トレ育成においてプレイヤーの分身となる、ウマ娘のトレーナー達の事。シナリオ上の課題の解決やウマ娘とのコミュニケーションの過程でトレーナー側もキャラクター性の差異が少なからずみられるため、それぞれの人間性の考察が行われる事も少なくない。
○○固有同様、○○にはウマ娘の名前が入り特定ウマ娘のトレーナーを表す(例:スペシャルウィークのトレーナー→スペトレ)。
固有の呼称が付くトレーナーもいる他、個性的な特徴を持っていることも。発光しているモルモット君とか霊瘴にかかってるカフェトレとか開幕から最後まで相方の覚悟と人生背負う気満々なアルトレとか合法ショタorロリなニシトレとか
オグリキャップを表す(?)記号。由来は彼女の髪飾り…と言われると正確にはそうではなく、漫画「シンデレラグレイ」第17Rのヤングジャンプ掲載時のアオリ文である、「◆知らなかったのか?」(正確には◆部分は□と◆を合わせた記号)から。

コメント Edit

コメントを投稿する前にログにて同様の内容がないか確認して下さい。



最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • ゴルシの他にススズとかダスカあたりは使う人いるね。英語の所にはBNWを入れても良いね、サポのスキル名にもなってるし。 -- [8b5upmq6d9w] 2021-03-19 (金) 17:53:02
    • 某巨大掲示板発祥の略称はあんまり網羅的に載せると悲しみが生まれるのでよく呼ばれるやつだけでいい感じはしますね。ファインモーションとかあまりにもひどいし...... -- [R7IGqAAupgM] 2021-03-19 (金) 18:13:14
      • まぁ酷いやつは載せなくてもいいね。使用頻度高めで競馬に触れてない人が見て誰かわからんというものを中心に入れれば良いと思う。 -- [8b5upmq6d9w] 2021-03-20 (土) 12:07:37
  • 説明がない項目が大分おもしろいw -- [0qh7mDU7aNU] 2021-03-19 (金) 22:14:36
    • 「中山の直線は短いぞ」に解説がないのじわじわくる -- [3pACS4/PSb6] 2021-03-20 (土) 19:52:32
    • こういう他の企業系ではできないだろうユーモアたっぷりの俗語集こそ有志Wikiの醍醐味よな -- [AdTfeZDXuIE] 2021-03-29 (月) 01:19:29
  • 夢女ステークスとかも追加して欲しい所 -- [tEgS9K7jh.A] 2021-03-30 (火) 17:32:18
  • ファイナルじゃなくてファイナルズ
    決勝はファイナルだから「ファイナル優勝」でも正しいけど、シリーズの名前はファイナルズ -- [WZbOWtSaBo.] 2021-04-18 (日) 07:23:55
  • ホープフル一発勝負で生まれるマックEーンさんは… -- [uvUbKjriCvw] 2021-04-19 (月) 21:51:41
  • ブロコレもいれていいのでは。 -- [eOWFOA8YZh.] 2021-04-22 (木) 22:08:11
  • 凸は漢字なので記号→た行に移しました -- [ylQXO8oBgLs] 2021-04-30 (金) 12:58:53
  • 冠名は一般的に競馬で使われている用語と判断し、俗語集から用語集に移させていただきました -- [ylQXO8oBgLs] 2021-05-19 (水) 10:28:49
  • 察しはつくけど「つらい」「・・・」「やめて」だけだと説明になってなくて困っちゃうぜ 文字色変えて一応の説明入れては貰えんだろうか -- [jfNQVxV0O0A] 2021-06-24 (木) 15:25:48
    • 不備不足と思った部分は各自で編集していいんですよ -- [3pACS4/PSb6] 2021-06-28 (月) 11:51:18
    • とりあえず用語集にリンク張ってある屈腱炎以外は軽く追記した。
      ただ、用語集の方に追加してリンク張った方がいいかもしれないね。
      築城編集自由だし。 -- [Hz8hCkRkAR2] 2021-06-28 (月) 12:55:17
      • GJ。「○○を入れてほしい」っておねだりするだけじゃなくて「とりあえず追加したよ。おかしいところがあったら直してね」って人がもっと増えたらいいね。 -- [3pACS4/PSb6] 2021-07-02 (金) 11:59:14
      • それではということで用語集に蹄葉炎を書き足してリンク張ってみた -- [EzNz8ZSr8x2] 2021-07-25 (日) 12:46:09
    • 用語集の編集に合わせて、病気関連の項目をコメントアウトしました。調べて編集して下さった皆様には申し訳ないですが、読んでも悲しくなるだけなので、伏せた方がいいと判断しました。どうかご容赦下さい -- [ylQXO8oBgLs] 2021-07-29 (木) 02:05:06
      • GJ。まあウマ娘の方には関係ないしね。
        脚骨折したスズカも復帰できたし。 -- [5XpDt4X6jwk] 2021-08-05 (木) 15:53:08
  • 「ベレー帽の紳士」入れて欲しい -- [Uyb0weFZiJY] 2021-06-30 (水) 18:15:48
  • 投げキッスにマヤノトップガンの説明を加えたいけど俗語ではないんだよね… -- [qRiVPScey56] 2021-08-03 (火) 21:57:20
  • 公式であげません対策はカード対応のステ(配布スペちゃんだとスピード)上げればいいって出たらしいけれど、編集した方がいい? -- [5XpDt4X6jwk] 2021-08-13 (金) 09:40:58
    • いいと思いますよ -- [0f.X7zwWCVw] 2021-08-13 (金) 10:08:54
  • 陰毛 -- [sE4YjoMxOE2] 2021-08-18 (水) 17:51:02
  • ikzeも追加オナシャス -- [ppOP0rExh9A] 2021-12-28 (火) 23:04:54
  • 砂のサイレンススズカが史実での異名になってるけど当時そんな呼び方してるの殆ど居なかったで・・・ -- [X2vziBxpXho] 2022-01-29 (土) 21:31:14
    • 2012年のなんてことない普通のブログで言ってる人はいるので「全くいない」わけではなさそう。 -- [0mGvRBYeTeE] 2022-01-29 (土) 22:23:06
  • 馬っ気、強さ誇示の面もあるってことはグラスペの件はグラス「俺が上!お前は下だ!」スペ「なんだと貴様!?」な感じであった可能性もあるのか・・・そう考えると胸熱 -- [5XpDt4X6jwk] 2022-02-22 (火) 12:09:53
  • ニシノ神(ニシノフラワー)が無い -- トレーナー[H45hNSjaPQ.] 2022-05-07 (土) 02:17:14
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


*1 本来はキタちゃん役の矢野妃菜喜が出演する『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』(高咲侑役)の生配信で生まれた名言。別名「箱推しの叫び」。
*2 マックイーンはネプチューンマン、ゴルシはビッグ・ザ・武道のポジ。
*3 ロックデュオ「ロギンス&メッシーナ」でも知られるケニー・ロギンス氏。デュオ解散後は映画音楽を中心に活動しており、動画内でマヤとゴルシが歌った「Danger Zone」の他にも同名映画の主題歌である「Footloose」等が有名
*4 新型コロナウイルス感染拡大防止の為、大幅な入場制限を敷いていた上、声を出しての観戦も禁止されていたのも影響している。
*5 「ほとんど」と書いたのは、篠ノ井線特急「しなの」(JR東海)など他社の車両を使用している列車がある為。
*6 「笑っていいとも」の1つ前の時間帯でNHK国会中継の真裏。
*7 1960年代に米国で放送された同名のテレビドラマシリーズのリメイクで、妻殺しの罪を着せられた医師をハリソン・フォード(吹替:磯部勉)が、彼を逃亡犯として追う連邦保安官補をトミー・リー・ジョーンズ(吹替:菅生隆之)が演じた。
*8 アプリ版ではバクシンオーが出題している。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-22 (水) 15:40:59