最終更新日時:2022-06-14 (火) 13:52:42

関連ページ: キャラクター一覧 | 育成ウマ娘一覧 | サポートカード一覧




プロフィール Edit

画像プロフィール
スペシャルウィーク.png名前スペシャルウィーク
CV和氣あず未
キャッチコピーけっぱるべー!
夢一直線の純真どさん娘
学年中等部
所属寮栗東寮
誕生日5月2日
身長158cm
体重微減(レース前で緊張気味)
スリーサイズB81・W56・H81
自己紹介
私、スペシャルウィークって言います!
夢は日本一のウマ娘です!お母ちゃんたちに
喜んでもらうため…私、けっぱります!

詳細情報 Edit

  • 北海道からやって来た転入生。
    • 「私、地元の北海道にいた頃はお母ちゃんと一緒に農作業やってましたから!」
      「田舎から転入してきたばかりで都会の道とかにも全然慣れてなくって。」
      • ウマ娘ストーリー1話より。ちなみに実家からお隣さんの家までは5kmくらいある(ウマ娘ストーリー2話より)らしい。
  • 史実と同様に、お母ちゃんが2人いる。
    • 「生んでくれたお母ちゃんは、私が目を開けるより先に亡くなりました。顔は、写真でしか見たことありません。」
      「でも、生みのお母ちゃんの親友で、私を育ててくれたもう1人のお母ちゃんが、いつも教えてくれたんです。生みのお母ちゃんは最期の最期まで私の幸せを願っていたよ、って。」
      • ウマ娘ストーリー3話より。史実通りであれば『生みのお母ちゃん』はスペシャルウィークを生み5日後に亡くなった母馬・キャンペンガール(1987-1995)、
        『育ててくれたもう1人のお母ちゃん』は乳母馬もしくは牧場スタッフが元ネタか。
        [夕焼けはあこがれの色]スペシャルウィークの手紙は育ての親の方のお母ちゃんからの手紙であろうか。
  • とんでもない大食い。
    • 中華屋の店主「大食い大会(中略)王座3回防衛成功!“北海のストマック・ブルドーザー” スペシャルウィークの登場だあっ!」
      スペシャルウィーク「えへへ……アイ、アイム、ブルドーザー! アイライク、特盛り麻婆ドーン! イェアー!」
      • 育成イベント『スペシャルウィーク、裏の顔』より。このイベントでは王者キャラを頑張って演じるスペちゃんが見られる。そして『太り気味』も獲得
  • 勉強熱心な頑張り屋。
    • 「このレンタルショップに来たかったんです。今後の参考に、ちょっと昔のレース映像も見たいなと思って。(中略)借りてきますね! あ、スズカさんの特集DVDも一緒に……。」
      • 育成イベント『研究熱心』より。ちゃっかり寮の同室であるサイレンススズカの特集DVDも借りている。
+

クリックで表示 : 詳細プロフィール(親愛度で解放)

ボイス Edit

+

クリックで表示 : 共通 - ホーム

+

クリックで表示 : 共通 - 育成

+

クリックで表示 : 共通 - レース

+

クリックで表示 : 共通 - その他

+
+
+

クリックで表示 : その他掛け合い

ヒミツ Edit

  • スペシャルウィークのヒミツ
    実は、利き牛乳ができる。
  • スペシャルウィークのヒミツ
    実は、おんぶが上手で
    背負われた人はすぐ眠くなる。

アニメ Edit

  • 第1シーズンの主人公として第1話から登場し、数々の名勝負を繰り広げる。尚スピカ加入経緯は拉致

元ネタ Edit

99年 天皇賞(秋)
スペシャルウィーク、逆襲のラン。
本当の敵は、諦めだ。
〜2011年JRA 天皇賞(秋)CMより〜

スペシャルウィークは1998年の日本ダービー、1999年の天皇賞(春)天皇賞(秋)ジャパンカップを制覇した名馬である。
同期にはキングヘイローセイウンスカイグラスワンダーエルコンドルパサーなどがいる。
また母の父がマルゼンスキーである。
当時の国内賞金王になった。また母方を辿っていくとマチカネフクキタルの信仰しているシラオキ様こと名牝シラオキに辿り着く。
日本競馬の生きる伝説である武豊に日本ダービーとジャパンカップを初めて勝たせた。
本来なら十分に顕彰馬となる資格を持っているのだが、同期の名馬たちと票を食い合ってしまい顕彰馬になれておらず
現在でも投票システムに対する議論は尽きていない。

種馬としてもかなり成功した部類であり、特に歴史的名牝と呼ばれるレベルの牝馬シーザリオとブエナビスタを輩出した。
一方で牡馬ではトーホウジャッカルが酒井学騎手の騎乗で菊花賞を制し後継種牡馬となっているが超大物を出すことができなかった。
後継種牡馬も前記のトーホウジャッカルは苦戦中、マイラーズC勝ち馬のリーチザクラウンはニシノ/セイウンの西山オーナーのバックアップを
受けてはいるが、大物を出すことができておらず父系存続は厳しい状況。
2022年リーチザクラウンからUAEダービー(G)馬が誕生。(クラウンプライド号)もしかするとこちらから血が繋がるかもしれない。
シーザリオが3頭のG1勝ち牡馬を輩出し、特にエピファネイアは既に人気種牡馬の一角に成り上がっているため
血統構成の中にスペシャルウィークの名前を見る機会は多い。

主な重賞出走着順備考
きさらぎ賞(G)1着
弥生賞(G)1着2着セイウンスカイ、3着キングヘイロー
皐月賞(G)3着1着セイウンスカイ、2着キングヘイロー
日本ダービー(G)1着4着セイウンスカイ、14着キングヘイロー
京都新聞杯(G)1着2着キングヘイロー
菊花賞(G)2着1着セイウンスカイ、5着キングヘイロー
ジャパンカップ(G)3着1着エルコンドルパサー、2着エアグルーヴ
アメリカJCC?(G)1着
阪神大賞典(G)1着
天皇賞(春)(G)1着3着セイウンスカイ、7着マチカネフクキタル
宝塚記念(G)2着1着グラスワンダー、5着マチカネフクキタル、8着キングヘイロー
京都大賞典(G)7着3着テイエムオペラオー
天皇賞(秋)(G)1着5着セイウンスカイ、7着キングヘイロー
ジャパンカップ(G)1着
有馬記念(G)1着1着グラスワンダー、3着テイエムオペラオー

その他 Edit

  • アニメ第1期初回放送中の2018年6月に、Cygamesのゲーム「グランブルーファンタジー」でウマ娘応援キャンペーンが行われ、ログインボーナスの石を配っていた。
    なお諸事情によりゲーム内では名前が出ていなかった。
    • 同ゲームは、2022年2月8日〜2月20日にウマ娘コラボイベントが開催され、実に3年8ヶ月越しに空の冒険へと参戦することになった。
    • 参戦したのは、スペシャルウィーク・サイレンススズカ・トウカイテイオー・ゴールドシップ・メジロマックイーンの5名。
  • その後もシャドウバースやワールドフリッパーなど、同社ゲームのコラボイベントには多数参戦した。

関連リンク Edit


ウマ娘 Edit

育成ウマ娘 Edit

サポートカード Edit

コメントフォーム Edit



コメントはありません。 コメント/スペシャルウィーク?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
+

←板を利用する前にルールを必ずお読みください。


TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-14 (火) 13:52:42