最終更新日時:2022-11-11 (金) 23:23:38

関連ページ: キャラクター一覧 | 育成ウマ娘一覧 | サポートカード一覧




基本情報 Edit

画像プロフィール
シュヴァルグラン.png名前シュヴァルグラン
CV
キャッチコピー
学年
所属寮
誕生日3月14日
身長160cm
体重安定感○
スリーサイズB85・W56・H80
自己紹介

詳細情報 Edit

その他ゲーム内のウマ娘情報を紹介する項目

+

クリックで表示 : 詳細プロフィール(親愛度で解放)

ボイス Edit

+

クリックで表示 : 共通 - ホーム

+

クリックで表示 : 共通 - 育成

+

クリックで表示 : 共通 - レース

+

クリックで表示 : 共通 - その他

+

クリックで表示 : 育成ウマ娘名?

+

クリックで表示 : [別衣装]育成ウマ娘名?

+

クリックで表示 : その他掛け合い

アニメ Edit

  • 1stアニバーサリー記念のショートアニメにて声なしカメオ登場。
    この時は公式でも立ち絵だけで名前が公開されなかったためファンからは「帽子の子」と呼ばれる事となったのだが、帽子のデザインやキタサンブラックと因縁がありそうなウマ娘ということであっさり元ネタが特定された。

元ネタ Edit

  • 馬主の佐々木主浩氏は日本プロ野球選手、現・日本プロ野球名球会理事。横浜大洋ホエールズおよび横浜ベイスターズ*1、2000年からはアメリカのメジャーリーグ・シアトルマリナーズでも活躍した。まだこの当時でメジャーで活躍した日本人は野茂英雄などごくわずかであり、日本人メジャーリーガーの草分けともなった球界のレジェンドの一人である。
    • キレのあるフォークボールを武器に試合の最終盤をキッチリ抑え込むピッチャー。所属チームが38年ぶりに優勝を果たした1998年には終盤を守る投手の指標であるセーブ数で当時の日本最多記録を挙げ、その年の最優秀選手にも選ばれている。
    • 顔が特撮映画「大魔神」に登場する大魔神に似ている事、日本では横浜で活躍した事から「ハマの大魔神」の異名で知られ*2、メジャー移籍後も登板するとスクリーンに「DAIMAJIN」のテロップが流れるなど、「大魔神」は彼の代名詞となっている。
    • 佐々木氏は馬主として大成功しているが、のめり込み過ぎないようにと(手遅れ感あるが)所有馬を厳選している。
    • アドマイヤの冠名で有名だった近藤オーナーとは馬主としての師弟関係であり。マジンの冠名を使っていた当初は共同で馬を所有していた。
    • 以前はマジンの冠名を使用していたが嫁にダサいと言われ近年ではみんなが活躍してくれてるからと言うことで「ヴ」の文字を入れるようにしている。
    • 佐々木氏はシュヴァルグランの母親であるハルーワスウィートの大ファンであり、彼女の産駒は全て佐々木氏が購入・所有している。
      • そのハルーワスウィートは生まれつき尻尾が無い馬でありながら22戦5勝を挙げた牝馬。条件戦止まりとはいえ尻尾は姿勢を安定させるスタビライザーの役目がある為むしろまともに走れないのが当たり前。その為現役当時から「尻尾が無いのに勝てるという事は凄い馬だ」と惚れ込んでいたらしい。
        実際その産駒はシュヴァルグランを含めてG1馬が3頭、それ以外も複数回勝利を挙げた馬ばかりという優れた実績を挙げており、惚れ込んだ馬主の期待にバッチリ応える形となった。
      • 2022年にはキタサンブラックとの間に生まれたグランヴィノスがデビュー、新馬戦で勝利を挙げている。
      • 因みにウマ娘サービス開始前では駿川たづなの元ネタ候補として考察でも挙がっていた馬でもある(たづなの腰から尻尾が見えないため)。
  • 上記の通り「馬主が全国レベルの知名度を持つレジェンド」なだけあり、野球関係のネタが見える。マックイーンホイホイ
    • 帽子に錨のエンブレムがついていたりセーラー帽風なのは、馬主が所属していた球団から。日米どちらも所属チームは港町として知られる都市を拠点としている。
    • 体重表記の「安定感○」は野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」シリーズにおける特殊能力*3

競走馬としてのシュヴァルグラン
父は多くの活躍馬を輩出した大種牡馬のハーツクライ、母は上記にもある通りハルーワスウィート
同世代でウマ娘化されているのはキタサンブラック、同時に名前が明かされたサトノクラウンなど

二つ上の姉にヴィクトリアマイルを連覇し牝馬四冠で2着になっているヴィルシーナを持つ良血としてデビュー
2歳の9月デビューなのだが京都2歳Sで3着だったため収得賞金が加算できず
2勝目は3歳の10月になってからであったためクラシックには出られなかった

しかし、そこから頭角を現すと一気に3連勝でオープン入りし初の重賞挑戦であった日経新春杯で2着になると続く阪神大賞典で重賞初制覇
4連勝で有馬記念を勝ち前哨戦の日経賞も制し5連勝中のゴールドアクター
同期で前年の菊花賞馬であるキタサンブラックに続く遅れてきた大器として3番人気に支持される
レースでは逃げたキタサンブラックにカレンミロティックが食らいつくのを追いつめるまでの3着に終わった

その後はアルゼンチン共和国杯を制するもののG1ではキタサンブラックらに跳ね返され掲示板止まりが続いた
その間に一つ下の妹のヴィブロスは秋華賞やドバイターフを制しG1制覇は妹に先を越されてしまう

  • キャラクター設定で「才能ある姉と妹にコンプレックスを抱いている真ん中っ子」とあるが、姉は先述のヴィルシーナ、妹はヴィブロスと推測される。

年が明けて5歳、連覇を狙った阪神大賞典ではサトノダイヤモンドに敗れ2着
続く天皇賞春では超絶レコードで駆け抜けたキタサンブラックに必死に食らいつき追い込んでくるサトノダイヤモンドを凌いで2着
5歳の冬のジャパンカップで短期免許で来日していたオーストラリアの名手ヒュー・ボウマンと出会い
キタサンブラック、当年のダービー馬のレイデオロら強豪を降してG1初制覇を成し遂げた
その後も現役を続行し翌年の天皇賞春で2着、さらにその翌年のドバイシーマクラシック2着など
G1勝利は1勝でありながら獲得賞金10億円越えを果たした

その後は種牡馬入り
溢れかえるサンデー系種牡馬の荒波に飛び込むことになるが
姉と妹もG1ホースという良血に期待される
同期のキタサンブラックよりも2年現役を長く続けたため産駒のデビューは来年からになる

関連リンク Edit

コメントフォーム Edit



コメントはありません。 コメント/シュヴァルグラン?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
+

←板を利用する前にルールを必ずお読みください。


TOPに戻る


*1 どちらも現在の横浜DeNAベイスターズ。当時は水産加工食品製造販売会社が2001年まで保有していた。
*2 横浜が優勝した1998年には、佐々木の右腕を石膏で型を取って作られた「御神体」を祭った「ハマの大魔神社」なる仮設神社が、横浜駅東口のそごう横浜店前広場に設置されるなど、社会現象を巻き起こした。
*3 収録タイトルにより名前や効果に細かい違いがあるものの、不調時の能力低下が小さくなる特殊能力。「実況パワフルプロ野球\\'99開幕版」等で、佐々木氏も同特殊能力を所持している。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-11-11 (金) 23:23:38